「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン

たくさんのご応募ありがとうございました!

このたびは、平成30年2月9日(金)~3月31日(土)の期間に実施しました
「がんばろう!日本の畜産・酪農応援キャンペーン」におきまして、日本の畜産農家・酪農家に向けて、
多数の心温まる応援メッセージをお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。

メッセージには、「購入することで応援します!」「国産しか買いません!」
「農家さんがこんなに努力されているから安全なお肉や牛乳を口にできていることを知りました!」など、
畜産農家・酪農家の今後の励みとなるようなものがたくさんありました。

今回いただきましたメッセージの中から、特に「心に残るメッセージ」を一部紹介させていただきます。
あらためて、ご応募いただきましたみなさま方に深く感謝申し上げます。
今後とも、国産畜産物の消費が増えますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。


▲パンフレットはクリックすると拡大できます
心に残るメッセージ!

ミルクやバター、チーズ等生活から欠かせません。2才の子供が居ますが、いつも作ってくれた人、育ててくれた人たちに感謝をして食べようね、と話をしています。

朝も早く、休みもなく、大変なお仕事だと思います。皆さんが頑張って下さるおかげで、私たちの生活が成り立っているんだと思います。これからも子供と一緒に感謝の気持ちを忘れずにいきたいです。

20代・女性

以前の職場は酪農地帯にありました。朝から夜まで一所懸命仕事に向かう姿を見ていたので、ただただ頭の下がる思いです。畜産・酪農家さんを応援するために私にできることって何だろう・・・と考えてみました。まずは「知ること」命に向き合っているから365日休みがない。ヘルパーさんを頼むにも費用がかかる・・・と家族で頑張る姿を沢山見てきました。そういう現状を広く知ってもらうことも大切かな・・・と思います。そして、買うこと。微力ですが、国産のものを購入することで応援したい。一人の力は小さくても広がれば大きな力になるはず!周りに声をかけることから始めます。

40代・女性

「安全で美味しくしっかり栄養がとれるお肉や乳製品を」という消費者の声に応えて日本の畜産酪農家さんは頑張ってくれています。しかし、生産コストの増加による経営圧迫・高齢化の進行・後継者不足などこのままでは将来不安の一途です。

私たちは日本の畜産酪農家のみなさんの愛情と努力のおかげと改めて感謝をして、これからももっとたくさんの国産のお肉や牛乳・乳製品を買って食べることで応援していきます!!

30代・男性

以前テレビで、日本の畜産農家・酪農家が減ってきており、その職に就きたがる若者がいないというニュースを見たことがありました。このキャンペーンを通じて私が考えていた以上に危機に瀕していることを知りました。

我が家では、毎日、国産のチーズ・牛乳・ヨーグルトを食べているので、国産の物がなくなってしまうと本当に困ります。国産のお肉・乳製品は新鮮で、安全で品質もとても良いので安心して食べることができます。私達、消費者がこの問題に対してできることは、消費を増やすことと、この問題をもっと多くの人に知ってもらい、関心を持ってもらうことで更なる消費拡大を目指すことだと思います。我が家でも今まで以上に食べることで応援していきます。

60代・男性

手間暇かけて安心安全で美味しい物をより多くの皆さんにと、毎日品質向上や試行錯誤しながらお仕事をしてるのだと思いました。普段私達が当たり前に口にするものがどのような形で生産されてるのかななんて今までは考えた事もありませんでした。畜産農家・酪農家の皆さんの日々のおかげで当たり前に美味しく安全な物を食する事が出来るのだと感謝です。これからも大変なお仕事だと思いますが頑張って下さい!

10代・女性

子供のころに北海道で酪農家さんのお手伝いをさせていただいたことがありました。1週間でしたが生き物を相手に仕事をすること=休みが全く無い!大変なお仕事なんだなぁと思いました。農家さんは風邪をひいても休むこともできない。旅行にも行けない。。。休みたいと思うことないんだろうかとすごく心配になりました。でも私は毎日お肉や牛乳を飲んでいます。農家さんがいないと食べることができず元気がなくなってしまうと思います。お母さんに「私たちがお肉や牛乳を食べなければ農家さんもお休みできるのにね」って話したら「毎日しっかりお野菜やお肉、牛乳を食べることが農家さんを元気にできるんだよ」って言われました。だから私はこれからもたくさん食べること、飲むことを続けていきます。だから農家さん毎日元気でがんばってくださいね。でもときどきお休みしてくださいね。お休みできているかこんど農家さんに聞いてみたいです。

10代・女性

私は以前精肉売り場で働いていました。オープンから働いていたので、店頭の生産者さんのこだわりが書かれていたボードやプリントをもらい接客しました。エサや畜舎環境などをお客様にお話ししていました。お客様が「おいしかったからまた買いに来た」など遠くから買いに来てくださる方や予約してくださる方など、リピーターになってくださる方がいてとてもうれしかったことを覚えています。消費者には生産者のこだわりが味となって届いています。間違いなく。農業は私の親戚にいて、大変なお仕事で、海外商品との競争もありますが、安心して食することができるので期待しています。がんばって!!!

40代・女性

普段から牛乳好きの私は一日一リットルくらい飲んでます。だけどただ飲んでいるだけで、特に品質とかもこだわっていませんでした。今回宮崎県の酪農家さん大山雅行さんのメッセージを見て、牛のエサのこだわりや健康面など細やかなところまでこだわっているのを感じ、大山さんのような方たちがいるおかげで美味しく安全にのめるんだなと改めて思いました。

20代・女性

私達の地域では、JAは身近な地域のシンボルです。酪農家の皆さんは365日休みなく豚や牛を育てています。大変なお仕事ですが、愛情をもって育てておられます。対話の中からその思いが伝わってきて、本当にすごいなと思い感動します。

我が家では、毎日お弁当のおかずや食卓まで肉・乳製品は一日たりとも欠かせません。看護師をしている三男は幼児期より水代わりに牛乳を飲んでおりました。おかげで骨は強く、スポーツ万能です。又、三男の子1才10か月の娘も牛乳が大好きで、がぶがぶ飲んでいます。健康維持に欠かせない畜産物・乳製品です。畜産・酪農家の皆さん、お体に気を付けて頑張ってください。

60代・女性

いつも美味しいお肉や乳製品、食べ物をありがとうございます。

以前にテレビで畜産農家や酪農家の方の特集を拝見しましたが、とても感銘を受けました。

毎日24時間365日動物たちの体調管理からエサやり、その他にも管理しないといけない事は沢山あり、想像以上の手間と努力と情熱で安全で美味しい食べ物は作られていると知りました。

私たちが安全に美味しい食事を食べられるのも、畜産農家や酪農家の方々のお陰です。

本当に感謝しています。毎日お店でお肉や乳製品などの食べ物が並ぶ事は当たり前ではないという事が、もっと多くの国民に伝わったらいいなと思います。

そして私も国産のお肉や乳製品をいっぱい食べて、恩返しをしていきたいと思いました。

これからも、美味しいお肉や乳製品を楽しみにしています。

20代・女性

日本の畜産物、酪農食品は本当に品質に優れていてとても魅力的で美味しいものばかりだと思います。普段私たち消費者が普段から何気なく食べているものの、ひとつひとつには沢山の生産者の方々の努力、愛情、丹精込められて作られた食材だということが分かります。消費者の私たちは、改めてこんなにも美味しいお肉や乳製品、お野菜、全ての食材を安心して食べられるということに幸せを感じ、そして食材に対して大きな感謝をしなければいけないのだと、強く感じました。日本の畜産や酪農は本当にお仕事的なものを、私は経験もなく知らないことだらけですがこんなにも美味しい食材をいただけることを心から幸せに思っております。私たち消費者は、そんな美味しい食材を食べて、自らの食生活を充実させることができています。これからも美味しい、安心、安全な食材を私たちに沢山届けてくれることを、とても楽しみにしております。今回jaの記事を読んだことにより、日本の畜産や酪農をとても身近に感じることができました。野菜の力を知る、お手軽料理レシピなど様々なコンテンツを見て、美味しい料理を家族に作ってあげたいと思いました。普段から料理は大好きで毎日行っているのですが、今後はどこで作られたものなのか、食材にも少しこだわりをもちながらより健康を意識した食生活をおくっていけたらいいなと思っております。これからも日本の食材を愛して、沢山食べていきたいです。

30代・女性

今回初めてこの応援キャンペーンに参加します。私も日本の畜産・酪農を盛り立て、応援していく猫の手!?くらいにはなるかなと思い、全くの初心者なのですがメッセージさせてもらいました。一消費者として、畜産・酪農家のみなさんを、どんなふうにバックアップしていけるかと考えた時に、地産地消ではないのですが、輸入された比較的安いお肉や乳製品を購入するのではなく、作りての皆さんの顔がきちんと分かる、安心で安全な国産のものを購入するようにしています。37歳・大山さんもそうですし、今後若い方々が、日本の畜産・酪農を引っ張って、消費者の私たちに「おいしいものを届けたい」という思いは勿論、生きがい、楽しいと思いながら生産に携わってくれることを有難く思いながら、「おいしく」頂きたいと思っています。心から心から、「頑張って下さい!!」と伝えたいです。

40代・女性
ページトップへ