「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン

たくさんのご応募ありがとうございました!

このたびは、平成28年2月9日(火)~3月31日(木)の期間に実施しました
「がんばろう!日本の畜産・酪農応援キャンペーン」におきまして、日本の畜産農家・酪農家に向けて、
多数の心温まる応援メッセージをお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。

メッセージには、「購入することで応援します!」「国産しか買いません!」
「農家さんがこんなに努力されているから安全なお肉や牛乳を口にできていることを知りました!」など、
畜産農家・酪農家の今後の励みとなるようなものがたくさんありました。

今回いただきましたメッセージの中から、特に「心に残るメッセージ」を一部紹介させていただきます。

あらためて、ご応募いただきましたみなさま方に深く感謝申し上げます。

今後とも、国産畜産物の消費が増えますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

心に残るメッセージ!

これまで、当たり前のように新鮮で安全な食をとることができたのは、日本の畜産農家・酪農家の皆様の絶え間ない努力のおかげであると思います。私にも子供がおりますが、食が体の資本であることを考えれば、畜産・酪農家さんが生産する“食料”が子供たちの将来、日本の未来を支えるのだと思います。畜産・酪農家が直面している問題は国民全体で共有し、解決策を真剣に考える時期にきているのだと思います。私はこれからも国産を応援します。共に頑張りましょう!

30代・男性

私はいつもスーパーで野菜やお肉を買うとき国産のものを必ず選ぶようにしています。国産のものは安全性とおいしさ、新鮮さがあるからです。安いからといって外国産のものばかり買っていると、将来日本の畜産・酪農家さんがいなくなり国産のものが食べれなくなるんじゃないかととても不安です。今だけを考えるだけでなくこれから先の将来を考えて国産を選ぶ消費者が増えるように、家族や友人、身近な人からでも少しずつ広げていきたいなと思いました。畜産・酪農家の皆様は大変だと思いますがこれからも私たちに安全でおいしいものを届けてくれるよう頑張ってほしいです。消費者の私たちももう一度いろいろな面で考えて呼びかけるよう張ります。

20代・女性

3人の子をもつ母です。毎日の食事が子どもたちの心と体を作ると思い、安心安全な国産にこだわってお料理を作るようにしています。自分の親がそうでしたが、国産だと素材の旨味があるのでシンプルな味付けがよく合います。国産を買うことが次の世代に国産を残していくことになると思っています。これからも美味しいものを作り続けてください。宜しくお願いします。

30代・女性

国産のお肉や牛乳、乳製品が将来なくなるかもしれないなんて、私たちはどうすればいいのでしょうか?安心・安全の象徴でさる国産のお肉や牛乳、乳製品。私たちにとってどれだけ大切なものかはかり知れません。日本の畜産農家・酪農家のみなさんの努力も、私たちに笑顔を生んでくれる国産のお肉や牛乳、乳製品を通して伝わります。私たちに出来ることは、積極的に購入すること。私はSNSをよく使うのでSNSでも積極的購入を呼びかけたいと思います。一生食べ続けたいから。一生笑顔でいたいから。役に立ちたい。ただそれだけです。日本の畜産農家・酪農家のみなさん、そして私の願いが世の中に伝わりますように。

30代・女性

心身の健康は食から出来ています。そう考えている私の大切な家族はお肉や乳製品を毎日食べます。だからこそ、消費者も安心して食べることが出来る食材を選ぶ事は、大切だと思っています。価格に左右されがちですが、安心安全は、生産者が判る商品を買う事、だと思います。本当に安全で美味しいものを届けたい」と、懸命に畜産・酪農を営んでいる皆さんが、とてもとてもご苦労されていると聞きます。 これからも私達消費者が出来ることで、少しでも応援になれれば嬉しいです。最後に声を大にして伝えたいです。「美味しいぞー、国産乳製品!!!」

40代・女性

いつも、おいしく、安全なお肉、牛乳をありがとうございます。気を配りながら、大切に育てた家畜の命をいただき、また、本来なら、子牛が飲むはずだった乳もいただいていることを、忘れがちになっていたところを、今回のキャンペーンを知り、はっとさせられました。真面目に、正直に働いている日本中の生産者様が報われるような世の中になってほしいと思います。海外のものは確かに安いです、勝負すべきは味、安全な点、こちらは日本産の誇るべき点です。これからも安心、安全でおいしいお肉、牛乳を食べたい、食べ続けていきたいので、私自身も子供に食べ物のこと、その過程、関わっている人などのことを教えていきたいと思います。消費者も考え、行動しなければいけません。「いただきます」「ごちそうさまでした」に感謝を込めて。

30代・女性

日本の畜産農家・酪農家のみなさん。安全安心で環境にも配慮した美味しい国産畜産物を作ってくださり有難うございます。私たちは、皆さんの心のこもった国産畜産物を口にし、育っています。皆さんが心を込めて作った国産畜産物に出会い、本当に美味しい国産畜産物を知りました。みなさんの丹精込めて作っている真摯な心は、国産畜産物を通して私たちにまっすぐ伝わって来ます。私たちはこのみなさんの愛情の沢山詰まった国産畜産物を目にし、心を込めて食べています。私は、心を込めて食べることは一生懸命生きることに繋がっていると感じます。みなさんの国産畜産物は私たちの心も身体も成長させてくれています。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。こんなに大切な国産畜産物が将来、スーパーからなくなると思うと、私をはじめ多くの人が途方にくれてしまうと思います。これから、今まで以上に国産畜産物を沢山買い続けると共に、多くの人にもこの現状を知ってもらい国産畜産物の購入を勧め、貢献できればと思います。死ぬまで国産畜産物を美味しく食べたい!この願いが叶いますように。

30代・女性

国産のものは外国産のものに比べてどうしても高いので、売り場では毎回悩んでしまうのが正直なところです。でも近頃、国内の畜産農家さんや酪農家さんが減っているというニュースを思うと、たとえ我が家の購入額はわずかだとしても、行動しなければという気持ちにさせられます。国内に自分たちの食のために酪農や畜産業と向き合ってくれている人達がいるのに、わざわざ外国産のものを購入することにも違和感を感じます。私自身、これを機にもっともっと国産に対する理解と知識を深め、子供達にもその大切さを伝えていけたらと思っています。これからは今まで以上に国産にこだわることを約束します。日本の畜産農家さん、酪農家さんを応援し続けるとこを約束します。

40代・女性

いつも美味しくて安全な食べ物をありがとうございます。子どもの頃から食べることが大好きで、「生きることは食べること、美味しく食べることは幸せに生きること」と思い、今は家族のために毎日食事を作っています。結婚し子どもができて思うことは、国産の食べ物の安心感と、その美味しさです。家族には安全なものを食べてもらいたい、そして食べることの幸せを感じてほしい、そう思うと日本で作られた食べ物を選ぶことはとても大切なことだと思います。畜産や酪農などのお仕事は、生きものと向き合わなければならないお仕事であり、簡単に出来ることではないと思います。しかし、私たちはそのお仕事をして下さる方々のおかげで幸せな食卓を囲むことが出来ています。毎日ありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いします。

30代・女性

口蹄疫など色々大変な時があったと思いますが、こんな立派で美味しそうなお肉、チーズを作れるのは、大変な時を一緒懸命に頑張ってきた畜産農家の方や酪農家の方が諦めなかったからだと思います。これからも応援しています。頑張って下さい。

30代・女性

いつも美味しいお肉と牛乳ありがとうございます!あれは忘れもしない2010年、わたしの地元である宮崎県で口蹄疫が流行しました。沢山の牛たちが処分されるのを目の当たりにしました。そして、畜産農家さんたちがどんな思いで牛たちを育ててきたのか知りました。我が子同然に育てあげた牛たち。美味しくないはずがありません。安全でないはずがありません。それ以来、わたしは口にするもの、特にお肉や野菜や果物などは国産のものしか買いません。これからも応援しておりますので、美味しくて安全なお肉、牛乳をよろしくお願いします!

30代・女性

子供には国産のものを食べさせたいと思っているので、買い物に行くと必ず産地をみて購入します。子供にもこれはこの産地で作られたものだよと教えています。子供が大きくなったとき、自分で買い物をするようになったら産地を見て買うと思っています。食育をすることが日本の農家を守ることにつながっていると信じています。子供が大きくなった時に国産が選べれるように一消費者として頑張りますので、生産者の皆様も消費者が国産を選ぶよう、引き続き頑張ってほしいです。

40代・女性
ページトップへ