とちぎの星

名前の由来 誕生エピソード おいしさの特徴 ぷち情報

災害に打ち勝ち栃木県の星になって
名物の雷が甘みの秘密

五ツ星お米マイスター小池理雄さんによる お米面接結果通知表 [ 通称 オコメン]

項目について

相性の良いおかず

    • 和食
    • 洋食
    • 中華
    • 寿司
    • お弁当・おにぎり
    • カレー・丼

五ツ星お米マイスター小池理雄氏のコメント

においは素直な甘い香りがする。見た目はやや小ぶりで、照りは申し分ない。一口ごはんを口に含むと、口の中でごはんのかたまりが、上あごも含めてもあちこちの箇所でアピールしてくる。まるで口でごはんのかたまりが踊っているかのようだ。噛み続けると、さわやかに甘みが過ぎ去っていく。それでも飲み込む直前に、甘みがのどの入り口に残っており、それだけ粒の力を感じることができる。

名前の由来

様々な災害にも打ち勝ち、燦然と輝く、栃木の星となって欲しいという期待を込めて命名されました。

誕生エピソード

栃木県オリジナル品種「なすひかり」や「あさひの夢」は、温暖化などの異常気象や自然災害で、収穫量の減少や品質の低下が課題となっていた。これらの課題を克服すべく誕生した「とちぎの星」は、特A経験の多い「なすひかり」を父に持ち、2015年産で見事に特Aを獲得しました。さらに、「なすひかり」は栃木県北部、「あさひの夢」は栃木県南部での栽培と、それぞれに栽培できるエリアが限定されていましたが、「とちぎの星」の誕生によって、栃木県のどこでもおいしいお米が栽培できるようになりました。パッケージの青さも目を引きますね。

おいしさの特徴

大粒で豊かな甘さがあり、炊飯後も粒がしっかりしていて品質が良いのが特徴です。冷めてもおいしいため、丼物やカレーなどによく合います。栃木県でおいしいお米ができる理由は、雷です。雷は栃木県の名物で宇都宮市は「雷都」と呼ばれるほど雷が夏に集中します。 雷を伴った夕立のおかげで夜の気温が下がり、この昼夜の寒暖差が甘みのあるお米になるのです。

ページトップへ