あきさかり

名前の由来 誕生エピソード おいしさの特徴 ぷち情報

生産地広島県

誕生年2014年 奨励品種

作付面積拡大の良食味・多収性品種
粘り・甘みがあってふっくらとした食感

五ツ星お米マイスター小池理雄さんによる お米面接結果通知表 [ 通称 オコメン]

項目について

相性の良いおかず

    • 和食
    • 洋食
    • 中華
    • 寿司
    • お弁当・おにぎり
    • カレー・丼

五ツ星お米マイスター小池理雄氏のコメント

香りはさわやかでほっとする。粒の大きさ・張り具合は申し分ない。噛むとあまり抵抗感なく噛み切れる。歯離れがよいが、全体的に粒同士の距離が近く、もっちり感も感じられる。うま味は舌のうえでしっかりと感じられ、さらに深いところまで浸透するが、味が抜けていく時間が早い。飲み込んで塊が喉元を通りすぎる際でも甘みを感じることができる。

名前の由来

収穫時期の“秋”に、人々がこの品種の魅力に大満足し、長く愛され、繁栄することを願い命名。

誕生エピソード

「食の外部化」に伴い外食・中食産業には,米の安定価格・安定供給が求められています。一方、米生産者からは丈が低く栽培しやすい「コシヒカリ」の熟期に近い多収品種の早急な選定が要望され、双方の要望に適った品種として誕生しました。全国的なお米の品評会で表彰を受けるなど良食味米としての評価も高く、生産者・実需者・消費者から支持されている品種です。

おいしさの特徴

炊き上がりが白く、炊飯器の釜を開けるとキラキラとしたきれいなご飯を見ることができます。またコシヒカリの孫にあたり、食べるとほどよい粘りと甘みがあって、ふっくらした食感を感じられます。さらに「JAの選りすぐり米あきさかり」という商品では、原料玄米の選定(農産物検査1等の玄米のみ使用)、商品の品質・食味分析を行い、厳しい出荷基準に適合したものだけを出荷しています。

ページトップへ