つや姫

名前の由来 誕生エピソード おいしさの特徴 ぷち情報

炊きあがりの“つや”が素晴らしい
大切に育ててきた生粋の山形そだちの“姫”

五ツ星お米マイスター小池理雄さんによる お米面接結果通知表 [ 通称 オコメン]

項目について

相性の良いおかず

    • 和食
    • 洋食
    • 中華
    • 寿司
    • お弁当・おにぎり
    • カレー・丼

五ツ星お米マイスター小池理雄氏のコメント

見た目の粒の大きさ、照りは申し分ない。噛みしめると粒の硬さはこちらの歯を跳ね返すくらいの弾力があり、それでいてその弾力の先には粘りも感じることができる。粒自体の主張が強く、口の中でひと粒ひと粒の顔が見える。ごはんを口に含ませると、既にのどの入り口からして甘く感じる。粒の表面のおねば、上あごで感じる抵抗感、粒同士のほぐれ具合、すべてにおいて申し分ない。

名前の由来

炊きあがりのツヤと輝きが素晴らしく、10年かけて大切に育ててきたという想いを「姫」という文字に込め、「つや姫」と名づけられました。

誕生エピソード

「コシヒカリ」と「はえぬき」のおいしさを生み出したルーツとなる「亀ノ尾」から誕生したつや姫。「亀ノ尾」は、山形の風土が生んだお米であるため、まさに山形の系譜から生まれた山形米です。全国的に「コシヒカリ」が作られている中で生産者から当時山形の主力であった「はえぬき」よりもおいしい県産米の開発を求められ、山形県立農業試験場庄内支場(現 山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場庄内支場)で育成されました。暖房したハウス内で冬期間も栽培することで育成期間の短縮に務め、早い段階から実際にご飯を炊いて食味試験を実施するなど、試験方法を変える工夫をし、10万分の1の確率で選抜。交配から10年の歳月をかけて、ようやく、そのおいしさにより“コシ(ヒカリ)を抜かす”米、「つや姫」が誕生しました。 パッケージは、お米を表現する「※」という記号と、山に囲まれた山形の大地、朝日を表現しています。米どころ山形と日本(日の丸)で、「新しい和」のイメージを醸し出しています。

おいしさの特徴

「つや姫」は、“ごはんそのものがご馳走”といわれるほど、「粒の大きさ」「白い輝き」「うまさ」「香り」「粘り」が際立っており、 味わうほどに至福の喜びに満たされます。食味ランキングでも「ツヤがある」、「粒がそろっている」、「甘みがある」、「うま味がある」などの評価を得ており、農業総合研究センターの食味官能試験でもコシヒカリを上回る結果となりました。 山形の農の匠が丹誠込めて育てる、安全で、おいしさを極めた特別なお米「つや姫」は、「白いごはん」が大好きな人におすすめのお米です。

ページトップへ