キヌヒカリ「高月清流米」

名前の由来 誕生エピソード おいしさの特徴 ぷち情報

自然に恵まれた高月地区の清流育ちのお米

五ツ星お米マイスター小池理雄さんによる お米面接結果通知表 [ 通称 オコメン]

項目について

相性の良いおかず

    • 和食
    • 洋食
    • 中華
    • 寿司
    • お弁当・おにぎり
    • カレー・丼

五ツ星お米マイスター小池理雄氏のコメント

においは、しゅっとする鋭い香り。見た目は粒がやや小ぶりで、照りは落ち着いている。粘り・硬さはいずれも奥歯でしっかりと感じることができ、さらに噛み切ってもくだけきらずに残っている感じがする。うま味はきちんと舌の上に立ち、その後さっと引くが、しかし余韻も感じることができる。さわやかな後味を残していく。飲み込んだ後でも、のどの中でかたまりを感じられ、コクも分かる。

名前の由来

八王子市高月地区の清流を利用して栽培されていることから名づけられました。

誕生エピソード

東京都内唯一の米どころ八王子市高月地区の多摩川の支流である秋川の清流を使って栽培されたお米です。高月地区の水田地帯は、かつて多摩川河川敷内にあったことから、水田の底には砂や石などが堆積しています。この地質がコシヒカリの産地として有名な新潟県魚沼地区の水田と非常に似ているのです。このように水と地質に恵まれた地域であるためお米作りが続けられています。

おいしさの特徴

地域全体で減農薬栽培を手掛けており、東京都内では珍しく、ホタルが飛び交う水田地帯で育てられたお米は、東京産とは思えないおいしさです。化学肥料ではなく、有機肥料を使うことで、食味の向上に努めています。マメに草刈りをして、害虫被害が出ないようにする生産者こだわりの栽培方法で育てています。

ページトップへ