あいちのかおり

名前の由来 誕生エピソード おいしさの特徴 ぷち情報

生産地愛知県

誕生年1988年 品種登録

愛知県民定番のお米
香るように芳醇な味

五ツ星お米マイスター小池理雄さんによる お米面接結果通知表 [ 通称 オコメン]

項目について

相性の良いおかず

    • 和食
    • 洋食
    • 中華
    • 寿司
    • お弁当・おにぎり
    • カレー・丼

五ツ星お米マイスター小池理雄氏のコメント

見た目は粒が大きくしっかりしている。噛むと粒の弾力が分かり。しっかり歯の中に米粒のでんぷんが広がる。舌の上に素直なやさしい味が広がり、さっと流れていく。食感は粒の大きさも相まって、ほくほく感が楽しめる。飲み込んだ際にのどで感じる存在感は随一。全体的にパワーを感じる品種で、口の中が忙しくなるほどである。

名前の由来

香るように芳醇な味が特徴であることから名づけられました。

誕生エピソード

愛知県の農業総合執権錠作物研究所で、希少米である「ハツシモ」とコシヒカリ系統の「ミネアサヒ」の交配によって誕生しました。愛知県内のお米生産量の4割が「あいちのかおり」というほど、愛知県では馴染みのある品種となりました。

おいしさの特徴

名前通り、香りの良さに加えて、適度な甘みを持ったクセのない味わいになっています。ツヤも非常に良いので見た目にもおいしいのが特徴です。大粒なので食べ応えもあります。ミネアサヒから受け継いでいる粘りによって、冷めてもおいしく食べられるのも魅力的です。

ページトップへ