コシヒカリ

名前の由来 誕生エピソード おいしさの特徴 ぷち情報

近畿地方有数の米どころ
エリアで個性あるコシヒカリ育つ

五ツ星お米マイスター小池理雄さんによる お米面接結果通知表 [ 通称 オコメン]

項目について

相性の良いおかず

    • 和食
    • 洋食
    • 中華
    • 寿司
    • お弁当・おにぎり
    • カレー・丼

五ツ星お米マイスター小池理雄氏のコメント

においは突き刺さるような甘さがある。見た目の照り・張りは申し分ない。噛むと米粒が歯の奥にとりついて離れず、粒は小さくとも張りを感じることができる。うま味は立ち上がり、広がりともに申し分なく、舌の上で明確に分かる。甘みは経時に伴う味の劣化が少なく、食感はもちもちしている。しっかりと足跡を残す。

名前の由来

――

誕生エピソード

兵庫県は古代より5つの国からなるため、五穀豊穣とかけて「五国豊穣」といわれており、近畿地方ではお米の生産量が1番多いです。県内で一番生産量の多いのが「コシヒカリ」で、県内で生産されるお米のうち45%のシェアを占めています。

おいしさの特徴

兵庫県内で有数の良質なコシヒカリ産地は、JAたじま、JA丹波ひかみ、JA丹波ささやまです。 JAたじまは、特別栽培米などこだわりの栽培方法に取り組んでいます。 JA丹波ひかみの「夢たんば」と名づけられた特別栽培米は、兵庫県認証食品にも登録されており、化学肥料・農薬を通常の半分以下に抑えて栽培しています。 JA丹波ささやまは、四方を山で囲まれた朝夕の気温差の大きい盆地で育つお米。朝は深い霧が立ち込めるほどで、そんな自然豊かな土地で育つお米は、うま味が凝縮されており、兵庫県認証食品にも登録されています。

ページトップへ