食農教育とは?

食育は聞いたことあるけど、「食農教育」って何?

JAグループでは、「食」がもつ多様な役割の大切さを伝える「食育」をさらにパワーアップして、
「食」を支える根本である農業に関する知識・体験も含んだ「食農教育」の大切さを伝えています。

食育+農業=食農教育

食農教育では、一般的な食育活動に加えて、それを支える農業や地域、自然との関わりにも注目し、
私たちの食を支える全国各地の様々な形の農業活動を知り、体験して頂くことで、
これらが担う様々な価値を学んで頂いています。

食育とは?

「食」には、お腹を満たすだけでなく、以下の3つの大切な役割があります。

  • くらし 食を通じた健全な生活習慣
  • からだ 健やかな発育や健康維持
  • こころ 楽しい食事で情緒を育む

交通機関の発達や情報化社会の浸透により、私たちの生活はますます便利に。「食」も、外部化、簡素化、多様化によって「豊か」になってきました。その一方で、生産の現場と消費の場面の距離が遠くなったことによって食の安全・安心を揺るがす事件が増加したり、食をきっかけとした生活習慣病の増加など、「食」に関する多くの課題も発生しています。

また、普段口にする野菜の名前が分からないなどの知識不足だけでなく、子どもの朝食欠食や、コミュニケーション無く一人で食事をするいわゆる「孤食」が社会問題となるなど、将来を担う子供たちの「食」の乱れは大変重大な問題で、「食」を通じた教育、「食育」の重要性が増しています。

「食」は、健やかな身体作りのためだけでなく、「食」のリズムを通じて規則正しい生活習慣を身につけたり、家族や仲間と食卓を囲んで楽しく食事をすることで、心を豊かにする役割を持っています。
JAグループは、皆さんの安全・安心な「食」を支え、また、「食」を通じて農業の大切をお伝えしています。

食育の定義 “「食」をめぐる環境の変化の中で、国民一人ひとりが食に関する適切な判断力を養い、生涯にわたって健全な食生活を実現することにより、国民の心身の健康の増進と豊かな人間形成に資すること”とされています(食育基本法より)

食農教育が目指す価値

健康維持 地域活性化 自然を想う心 文化の伝承 親子のきずな いのちの大切さ 自分で考える力

JAグループが取り組む食農教育は、食べる、という人間にとって大事な行為そのものだけでなく、その背景にある動物や植物の「いのち」も感じて頂き、子供はもちろん大人にも、日本の豊かな自然や四季の尊さ、農業の果たす役割をお伝えし、「食」と「農」との目には見えない強い繋がりを学んでもらうことに大きな特徴があります。

実は身近に、「食農教育」に触れる機会はたくさんあります!

  • 地域の農と食を繋げる「地産地消」

    採れたて新鮮で栄養たっぷりな、地元で生産された農畜産物をその地域で消費する。
    地産地消を行うことは、生産された場所から食卓までの距離が短く私たちの大切な地球環境への負荷も小さく、また、地域の農業を支えることで地域の活性化にも繋がります。学校給食に地元の農畜産物が使われることも増えてきています。

  • 農業の現場を知る「農業体験」

    日常的に農産物に触れる機会は、調理されてお皿の上に乗った状態がほとんど。
    私たちの食を支える産業である農業を知るために畑や田んぼ、ビニールハウス等で植え付けから収穫までを体験することで、農業の現場での様々な苦労を知り、感謝の気持ちや豊かな想像力を育むことができます。最近では、都市と農村を結ぶ「グリーンツーリズム」にも注目が集まっています。

  • 食を通じた絆を育む「親子料理教室」

    普段は家庭で調理に参加していないお子様も、地元の農産物を使って地域の伝統料理に挑戦。
    慣れない調理を楽しむことで、毎日調理をしてくれる方への感謝の気持ちや食を通じた地域の歴史を知ることができます。各地で開かれる「収穫祭」に参加することで、食や農を通じた伝統文化を学ぶことも「勉強」の一環です。

  • 自宅で学べる「家庭菜園(市民農園)」

    JAの職員や農家の方から直接作業の指導を受ける農業体験よりも手軽に農業に触れたい方に人気の家庭菜園。
    自ら手塩にかけた植物が育ち、実際に食べるまでの過程を通じて、農産物を育てることの楽しさやいのちの大切さを実感することができます。家庭菜園から始めて、本格的なプロの農家を目指す方も少なくありません。

  • お米づくりに挑戦(やってみよう!バケツ稲づくり)

    JAグループでは、これからの食や農を担う子どもたちに、日本の稲作や農業に触れ、もっと身近に考えてもらいたい、そんな思いから「バケツ稲づくりセット」の配布を平成元年より実施しています。

  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール

    JAグループがすすめる「みんなのよい食プロジェクト」の一環として、これからの食・農を担う次世代の子どもたちに、お米・ごはん食、稲作など、日本の食卓と国土を豊かに作りあげてきた稲作農業全般についての学びを深めてもらうとともに、子どもたちの優れた作品を顕彰することをつうじて、稲作農業の多面的機能と、お米・ごはん食の重要性を広く周知するために開催しています。

ページトップへ