お米づくりに挑戦(やってみよう!バケツ稲づくり)

バケツ稲づくりとは?

とっても簡単!バケツ稲づくりセット内容

JAグループでは、次代を担う子どもたちに、日本の稲作や農業に触れ、もっと身近に考えてもらいたい、そんな思いから「バケツ稲づくりセット」の配布を平成元年より実施しています。
バケツ稲とは、「バケツで育てる稲」のことです。バケツと土を用意すれば庭やベランダなど場所を選ばず、手軽に稲作を体験することができます。
種もみと肥料、栽培マニュアル、お名前シールがセットになった「バケツ稲づくりセット」は、家庭での食育体験のツールとして、そして、学校教育の現場では、稲作を学ぶ教材として幅広く活用されています。
あなたもぜひバケツ稲づくりに挑戦して、稲の成長、そして収穫の喜びを体験してみませんか?

~バケツ稲づくり栽培のスタート限界時期について~

バケツ稲づくり事務局では、通常5月上旬の栽培開始(芽出し)を奨励していますが、気象状況が温暖で温かい日が続いていれば6月上・中旬から栽培を始めても、秋に実が入るまで育てることができます。西日本では、関東よりもさらに温暖のため生育が早く、日照不足や長雨が無ければ6月中旬からスタートしても収穫まで育てることができます。各教育機関で、授業再開の時期が遅くなることが考えられますので、栽培をスタートする目安にしてください。

バケツ稲づくりセットお申し込み方法

ご好評いただいておりました「バケツ稲づくりセット」は予定数に達しましたので、終了とさせていただききます。
たくさんのご利用、誠にありがとうございました。
次回の「バケツ稲づくりセット」のお申し込みは、令和3年1月中旬から受け付けを開始する予定です。
なお、今回お申し込みいただきました学校・団体・個人の方々へは、
季節ごとの栽培の注意点や、お米・ごはん・農業についての情報を記載した
「(メールマガジン)バケツ稲づくり通信」をお届けさせていただきます。
今後ともよりよいサービスをご提供できますよう努力してまいりますので、
引続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

後援・協賛・推薦団体について

主催 全国農業協同組合中央会
後援 文部科学省 農林水産省
全国都道府県教育委員会連合会 全国市町村教育委員会連合会
全国連合小学校長会
協賛 全国農業協同組合連合会 全国共済農業協同組合連合会
農林中央金庫 全国厚生農業協同組合連合会
株式会社日本農業新聞 (一社)家の光協会
(一社)全国農協観光協会 (公社)米穀安定供給確保支援機構
推薦 全国小学校理科研究協議会 全国小学校社会科研究協議会
全国小学校生活科・総合的な
学習教育研究協議会
日本理科教育協会
日本理化学協会 日本生物教育会

お問い合わせ

バケツ稲づくりセットや栽培マニュアルに関するご質問やご意見は、以下のメールフォームよりお問い合わせください。

  • お問い合わせはこちら
  • 「よくあるご質問」はこちら

バケツ稲づくり事務局 TEL:03-6281-5822 〒102-8409 東京都千代田区一番町23-3 日本農業新聞内 受付時間:月~金曜日(土・日・祝日をのぞく)午前10時~午後5時

ページトップへ