館林市西公民館「バケツ稲刈り・籾摺り体験」

10月19日(土曜日)

 小雨が降る中、ようやくバケツ稲刈り・籾摺り体験をすることが出来ました。  バケツ稲で実った稲穂をハサミで順番に刈取り作業を行いました。  参加した児童は、普段の生活ではなかなか体験することのない稲刈り・籾摺りを楽しみながら、お米の大切さを学ぶことが出来たのではないかと思います。  特に高学年の児童たちはこの体験を心待ちにして、参加してくれました。

 稲刈り後、場所を移動し、鉢と軟式野球ボールを用意し、順番にもみをすりながら、殻を吹き出す作業を行いました。(予め刈り取りして、乾燥させたものを使用)  高学年の児童は昨年度に続いての作業であり、慣れていて早いものでした。 玄米の状態でビニール袋に入れ、冷蔵保存しました。(収穫した玄米は恵方巻づくりの材料として利用します)

ハサミを使って稲刈りです

すり鉢にもみを入れて野球ボールで籾摺りです

もみすりの様子

息を吹きかけてもみ殻を飛ばします

収穫した玄米=恵方巻に使います

 

ページトップへ