福岡県「itoshima豚丼」JA糸島

「日本人はやっぱりご飯」という考えのもと、日常生活が活発な小中高生が「itoshima豚丼」をがっつり食べることで、体力が向上し精神力のたくましさを養い、日本の農業に関心が深まる。また、甘く仕上がったピーマンみそが食欲を増進を促し、食べることへの興味が沸いてくる。

福岡県「itoshima豚丼」JA糸島の写真

  • 調理時間15分

※ カロリー・塩分・脂質は1人分の値

材料(4人分)

豚バラ肉(焼肉用)400g
キャベツ200g
ピーマンみそ360g
塩、こしょう少々
食用油適量
ご飯800g
小ネギ40g

作り方

簡単!
15分料理!

  1. キャベツは千切り、小ネギは小口切りにする。
  2. 豚肉に軽く、塩・こしょうをふる。
  3. フライパンに油を少量ひき、[2.]の豚肉をのせ両面に少し焼き色が付くくらいに焼く。
  4. [3.]の豚肉にピーマンみその2/3をからめ軽く焼く。
  5. どんぶりにご飯を盛りキャベツをのせ、その上に豚肉を一枚づつ広げるように盛り付ける。
  6. 豚肉にピーマンみその残りをかけ、ネギを散らす。

料理上手のワンポイント

豚肉に最初からピーマンみそをからめるとみそが焦げてしまうので肉に火が通ってからみそをからめる。豚バラ肉は脂がでるので、冷めると脂が固まってしまうため食べる直前に調理をする。

ピーマンみその
匂いで食欲増進!

ピーマンみそ
ピーマンみそは女性部のグループが作る糸島の米を使った米麹と糸島産のピーマンを使用している。豚肉・キャベツ・ネギも糸島産。ピーマンみその代替に、にんにくみそやネギみそ、青唐辛子みそ(少量)でも美味しくいただけます。

野菜・くだものの栄養や選び方等を紹介!

閉じる

農作物直売所 ファーマーズマーケットとは?

地元の農家が生産した採れたて農産物を
販売する、JAの直売所です。

生産者が、市場を通さずに直接農産物を販売する施設がファーマーズマーケット(農産物直売所)で、そのうちJAが運営しているものを「JAファーマーズマーケット」と呼んでいます。現在、全国で約1,700カ所のJAファーマーズマーケットがあり、道の駅内での開設や、カフェやレストラン、市民農園を併設する店舗も増えていて、観光スポットとしても注目を集めています。毎朝、地元の生産者から届けられた採れたての野菜や果物が並ぶファーマーズマーケットでは、作り手の顔が見える、安全で安心な旬の農産物を手に入れることができます。家族みんなで楽しめるワクワクスポットに、ぜひ足を運んでみてください!

  • 安全安心
  • 新鮮
  • 加工品

閉じる

閉じる

JAタウンとは?

全国から産地直送で旬の農産物や特産品を
お取り寄せできる、通販サイトです。

JAタウンはJA全農が運営するインターネットショッピングモール!全国のJAなどから、産地直送で農畜産物や特産品をお届けしています。ご自宅用はもちろん、贈答用や飲食店向けの業務用まで取り揃えています。人気の果物や珍しい野菜、話題のお肉やお米など、お探しの商品がきっと見つかります。パソコンだけでなくスマートフォンからもご注文いただけますので、いつでもどこでも簡単にご購入いただけます。また、「JAタウン通信」や「ショップだより」で、毎週、美味しい情報や産地の情報を発信しています。是非、JAタウンサイトを覗いてみてください。

閉じる

ページトップへ