山形県「お雑煮(きのこ)」JA山形おきたま女性部

「ハレの日」に食べるお雑煮の歴史は古く、全国各地・家庭毎に
とてもバラエティーに富んだお正月を代表する伝統料理である。
語源は「煮混ぜ(にまぜ)」で、色々な具材を煮合わせた事から
来ているとの事。

材料

だし汁1500cc
鶏もも肉 150g
ごぼう150g~200g
大根300g
えのき200g
しめじ170g
しいたけ6個
せり適量
紅白かまぼこ適量
寿しょうゆ大さじ4~6

作り方

JA女性部レシピ
つくろう!

  1. ごぼうはささがきにして 水にさらしアク抜きをする。
  2. 鶏もも肉は一口大に、大根は銀杏切りに、せりは適宜に切っておく。
  3. しめじは石づきを切り落とし、えのきは半分の長さに切り、しいたけは飾り切りにする。
  4. だし汁にごぼうと銀杏切した大根と鶏もも肉を入れ、柔らかくなるまで煮る。
  5. しめじ・えのき・しいたけを入れ、しょうゆで味を調える。
  6. 味を確かめてから餅を入れ、最後にせりをはなす。彩を添えるよう紅白かまぼこをのせて出来上がり。

料理上手のワンポイント

お雑煮に入れる大根は長く煮込まず、煮崩れないようにし、シャキシャキ感を残すようにしてみました。 健康にも効果の高いくるみだれを添える慣わしも、おきたまの慣わしでとてもおいしくなるポイントです。

「我が家の雑煮」は全国各地、家庭ごとにとてもバラエティーに富んでいて、とても興味があります。お雑煮の具材や味付け、お餅の形などもいろいろです。今回はおきたま管内のお雑煮を紹介してみました。

野菜・くだものの栄養や選び方等を紹介!

閉じる

農作物直売所 ファーマーズマーケットとは?

地元の農家が生産した採れたて農産物を
販売する、JAの直売所です。

生産者が、市場を通さずに直接農産物を販売する施設がファーマーズマーケット(農産物直売所)で、そのうちJAが運営しているものを「JAファーマーズマーケット」と呼んでいます。現在、全国で約1,700カ所のJAファーマーズマーケットがあり、道の駅内での開設や、カフェやレストラン、市民農園を併設する店舗も増えていて、観光スポットとしても注目を集めています。毎朝、地元の生産者から届けられた採れたての野菜や果物が並ぶファーマーズマーケットでは、作り手の顔が見える、安全で安心な旬の農産物を手に入れることができます。家族みんなで楽しめるワクワクスポットに、ぜひ足を運んでみてください!

  • 安全安心
  • 新鮮
  • 加工品

閉じる

閉じる

JAタウンとは?

全国から産地直送で旬の農産物や特産品を
お取り寄せできる、通販サイトです。

JAタウンはJA全農が運営するインターネットショッピングモール!全国のJAなどから、産地直送で農畜産物や特産品をお届けしています。ご自宅用はもちろん、贈答用や飲食店向けの業務用まで取り揃えています。人気の果物や珍しい野菜、話題のお肉やお米など、お探しの商品がきっと見つかります。パソコンだけでなくスマートフォンからもご注文いただけますので、いつでもどこでも簡単にご購入いただけます。また、「JAタウン通信」や「ショップだより」で、毎週、美味しい情報や産地の情報を発信しています。是非、JAタウンサイトを覗いてみてください。

閉じる

ページトップへ