京都府「海老芋入り五目黒豆」JA京都中央女性部

京の伝統野菜であり、中央管内の特産物でもある海老芋は縁起が良いと言われており様々な料理に使用されます。旬が11月~1月なこともあり、おせち料理としても愛用されてきました。たっぷりの野菜が食べられる五目煮の中にいれる里芋を、管内だからこそ手に入りやすい海老芋に替えることが多かったようです。

京都府「海老芋入り五目黒豆」JA京都中央女性部の写真

  • 調理時間20分

※ カロリー・塩分・脂質は1人分の値

材料(3〜4人分)

〇黒豆の甘煮150g
〇ゴボウ200g
〇レンコン200g
〇にんじん1本
〇生しいたけ4枚
〇絹さや8枚
〇海老芋200g
〇醤油大さじ2
〇酒大さじ2
〇みりん大さじ2
〇砂糖大さじ2
〇だし汁3カップ

作り方

簡単!
20分料理!

  1. ゴボウは皮をむき1.5cm幅の斜め切り、レンコンも同様にしいちょう切り、にんじんは厚さ1cmに切り、しいたけは軸を落として半分にきり、絹さやはすじを取り除く。
  2. 海老芋は綺麗に洗い、皮付きのまま蒸して熱いうちに皮をむき食べやすい大きさにきる。
  3. 鍋に黒豆・海老芋・絹さや以外の切った野菜、調味料を全て入れ中火にかけ、沸騰したら弱火で10分ほど煮る。
  4. にんじんにある程度火が通ったらよけておいた海老芋を入れ、更に弱火にかけ5分ほど煮る。
  5. 全体的に火が通ったら絹さやを火を止めた鍋の上にいれ、余熱で火をとおす。
  6. 味が染みていない場合は一度冷ましてから、再度温める。

料理上手のワンポイント

海老芋の皮を簡単に剥くには皮付きのまま蒸すのがおすすめです。つるりと実から皮が外れます。茹でるのではなく蒸すことでぬめりも抑えられます。

やっぱり日本がおいしい

野菜がたくさん食べれる五目煮に管内の海老芋を使用しました。海老芋は縁起が良いとしてお正月のおせち料理などにも向いています。黒豆の甘煮は市販品で充分美味しく作れます。

野菜・くだものの栄養や選び方等を紹介!

閉じる

農作物直売所 ファーマーズマーケットとは?

地元の農家が生産した採れたて農産物を
販売する、JAの直売所です。

生産者が、市場を通さずに直接農産物を販売する施設がファーマーズマーケット(農産物直売所)で、そのうちJAが運営しているものを「JAファーマーズマーケット」と呼んでいます。現在、全国で約1,700カ所のJAファーマーズマーケットがあり、道の駅内での開設や、カフェやレストラン、市民農園を併設する店舗も増えていて、観光スポットとしても注目を集めています。毎朝、地元の生産者から届けられた採れたての野菜や果物が並ぶファーマーズマーケットでは、作り手の顔が見える、安全で安心な旬の農産物を手に入れることができます。家族みんなで楽しめるワクワクスポットに、ぜひ足を運んでみてください!

  • 安全安心
  • 新鮮
  • 加工品

閉じる

閉じる

JAタウンとは?

全国から産地直送で旬の農産物や特産品を
お取り寄せできる、通販サイトです。

JAタウンはJA全農が運営するインターネットショッピングモール!全国のJAなどから、産地直送で農畜産物や特産品をお届けしています。ご自宅用はもちろん、贈答用や飲食店向けの業務用まで取り揃えています。人気の果物や珍しい野菜、話題のお肉やお米など、お探しの商品がきっと見つかります。パソコンだけでなくスマートフォンからもご注文いただけますので、いつでもどこでも簡単にご購入いただけます。また、「JAタウン通信」や「ショップだより」で、毎週、美味しい情報や産地の情報を発信しています。是非、JAタウンサイトを覗いてみてください。

閉じる

ページトップへ