島根県「海苔筆」JAしまね出雲女性部

海苔筆は、貴重で縁起の良い「十六島(うっぷるい)海苔」をたっぷり使った料理で、地元ではお正月や2月の初午祭りにはきまって作られ、汁のなかの海苔を箸で持ちあげると海苔が筆の先のようになることが名前の由来となっています。

材料

十六島海苔6g
べべ貝30g
こんにゃく20g
豆腐30g
ごぼう10g
里いも20g
白カブ20g
小さじ1
しょう油大さじ1/2
100cc

作り方

JA女性部レシピ
つくろう!

  1. 貝を水煮して、殻を取り除く。
  2. ごぼうはささがき、こんにゃく・里芋・白カブ・海苔は小さく切る。
  3. (1)の貝の汁の中にこんにゃく・ごぼう・里芋・白カブを入れ、柔らかくなるまで煮る。
  4. 海苔と豆腐を入れ、味付けする。

料理上手のワンポイント

べべ貝がないときは、白身の魚や鶏肉を小さく切って入れます。十六島海苔の代わりに岩のりを使用しても良いです。

出雲市の十六島(うっぷるい)地方でのみとれる岩のりを「十六島(うっぷるい)海苔」といいます。歴史は古く「出雲風土記」にもその名は出ており、奈良平安朝の時代から朝廷に献上されました。さらに、江戸時代には将軍家に献上され、江戸の町にも「十六島海苔」の名はとどろいていたようです。

野菜・くだものの栄養や選び方等を紹介!

閉じる

農作物直売所 ファーマーズマーケットとは?

地元の農家が生産した採れたて農産物を
販売する、JAの直売所です。

生産者が、市場を通さずに直接農産物を販売する施設がファーマーズマーケット(農産物直売所)で、そのうちJAが運営しているものを「JAファーマーズマーケット」と呼んでいます。現在、全国で約1,700カ所のJAファーマーズマーケットがあり、道の駅内での開設や、カフェやレストラン、市民農園を併設する店舗も増えていて、観光スポットとしても注目を集めています。毎朝、地元の生産者から届けられた採れたての野菜や果物が並ぶファーマーズマーケットでは、作り手の顔が見える、安全で安心な旬の農産物を手に入れることができます。家族みんなで楽しめるワクワクスポットに、ぜひ足を運んでみてください!

  • 安全安心
  • 新鮮
  • 加工品

閉じる

閉じる

JAタウンとは?

全国から産地直送で旬の農産物や特産品を
お取り寄せできる、通販サイトです。

JAタウンはJA全農が運営するインターネットショッピングモール!全国のJAなどから、産地直送で農畜産物や特産品をお届けしています。ご自宅用はもちろん、贈答用や飲食店向けの業務用まで取り揃えています。人気の果物や珍しい野菜、話題のお肉やお米など、お探しの商品がきっと見つかります。パソコンだけでなくスマートフォンからもご注文いただけますので、いつでもどこでも簡単にご購入いただけます。また、「JAタウン通信」や「ショップだより」で、毎週、美味しい情報や産地の情報を発信しています。是非、JAタウンサイトを覗いてみてください。

閉じる

ページトップへ