佐賀県「つんきい(手でちぎるの方言)だご汁」と「ささゆき豆腐」JAさが みどり地区女性部

地域行事などで大勢集まるときは、採れたて野菜をたっぷり入れただご汁を大きな鍋で作り、みんなでお腹いっぱい食べていた。以前は、各家庭でもよく作られていた。
(小麦粉を水でこねずに、もめん豆腐でこねると時間がたっても固くならずおいしいとか、だごを細長く延ばして手で一口大にちぎりながら入れると味がしみ込みやすく手早くできる等の言い伝えがある。以前は、皮くじらを入れていたらしい。)

材料

<つんきいだご汁>
小麦粉(中力粉)250g
ごぼう50g
もめん豆腐1丁
人参50g
小さじ1 1/2
里芋50g
みそ60g
しいたけ3枚
ネギ少々
だし汁7カップ
鶏肉200g
小さじ1
<笹雪豆腐>
豆乳(調整)1ℓ
220cc
くず粉85g      
砂糖大さじ3

作り方

JA女性部レシピ
つくろう!

  1. <つんきいだご汁> 1,小麦粉と豆腐と塩を混ぜ合わせる。 2,ごぼう・人参は、ささがきにして鶏肉と一緒に油で炒め、里芋・しいたけを加えてだし汁で煮る。 3,具材がある程度煮えたら、1の小麦粉玉を一口大にちぎって入れ、味噌を加える。 4,盛り付ける時、ネギをのせる。(大きいネギの場合は、鍋に入れ込む)
  2. <ささゆき豆腐> 1,材料Aを鍋に入れ、良く混ぜてから火にかける。 (あわ立て器であわが立たないように混ぜると、だまができない) 2,中火で鍋底が焦げないようによく混ぜながら5~6分程度煮る。 3,固まってきたら弱火にして、混ぜながら4~5分煮る。 4,型に入れ、あら熱がとれたら冷蔵庫に入れる。 5,固まったのを確認してから取り出し、適当な大きさに切る。 (ゴマ醤油だれ・酢味噌など、好みに合わせたたれでどうぞ。)
地元の採れたて野菜をふんだんに使い、鍋ひとつでできる栄養満点の「だご汁」を皆さん作ってみませんか! ささゆき豆腐も、豆乳と葛粉を混ぜて煉るだけの簡単な作業です。さあ、みなさんも手作りに挑戦してみてください。 (JAさが みどり地区女性部フレッシュミズ 大塚 尚美さん)

野菜・くだものの栄養や選び方等を紹介!

閉じる

農作物直売所 ファーマーズマーケットとは?

地元の農家が生産した採れたて農産物を
販売する、JAの直売所です。

生産者が、市場を通さずに直接農産物を販売する施設がファーマーズマーケット(農産物直売所)で、そのうちJAが運営しているものを「JAファーマーズマーケット」と呼んでいます。現在、全国で約1,700カ所のJAファーマーズマーケットがあり、道の駅内での開設や、カフェやレストラン、市民農園を併設する店舗も増えていて、観光スポットとしても注目を集めています。毎朝、地元の生産者から届けられた採れたての野菜や果物が並ぶファーマーズマーケットでは、作り手の顔が見える、安全で安心な旬の農産物を手に入れることができます。家族みんなで楽しめるワクワクスポットに、ぜひ足を運んでみてください!

  • 安全安心
  • 新鮮
  • 加工品

閉じる

閉じる

JAタウンとは?

全国から産地直送で旬の農産物や特産品を
お取り寄せできる、通販サイトです。

JAタウンはJA全農が運営するインターネットショッピングモール!全国のJAなどから、産地直送で農畜産物や特産品をお届けしています。ご自宅用はもちろん、贈答用や飲食店向けの業務用まで取り揃えています。人気の果物や珍しい野菜、話題のお肉やお米など、お探しの商品がきっと見つかります。パソコンだけでなくスマートフォンからもご注文いただけますので、いつでもどこでも簡単にご購入いただけます。また、「JAタウン通信」や「ショップだより」で、毎週、美味しい情報や産地の情報を発信しています。是非、JAタウンサイトを覗いてみてください。

閉じる

ページトップへ