長野県「鯉こく」JA大北女性部

昔から貴重なたんぱく源として冠婚葬祭などに鯉が食べられていました。田植えをした田んぼに田鯉の稚魚を放し飼いにして田鯉農法で稲を育て、稲刈りの半月前位に成長した田鯉を田んぼから清流が流れ込む自宅の池に放し泥を吐かせてお祭り料理の鯉こくにしました。

長野県「鯉こく」JA大北女性部の写真

  • 調理時間360分

※ カロリー・塩分・脂質は1人分の値

材料(4人前)

・鯉(輪切り)4切れ
・水(下茹で用)2ℓ
・水(汁用)2ℓ
・酒200cc
・ショウガ40g
・味噌200g
・みりん100cc
・砂糖大さじ1
・長ネギ(煮込み用)1本
・長ネギ(薬味用)適量
・みょうが適量
(季節によって使用)

作り方

じっくり!
お料理!

  1. 鯉の切れ目を水2ℓを沸騰させた鍋に中に入れ2~3分ゆでる。
  2. ゆで汁を捨て水2ℓと酒200cc、輪切りにしたショウガを入れ強火にし沸騰したら火加減を中の弱火にして、3時間位煮る。
  3. 水が減ってきたら水をつぎ足しながら煮ていく。
  4. 味付けは味噌、みりん、砂糖、長ネギ(大きめに切る)1本を入れそこから3時間くらい中の弱火(鯉が動かない程度の火加減)で煮込む。
  5. 煮汁が減ってきたら味を見ながら少しづつ水を加えていく。
  6. 出来上がったらお椀に盛り、長ネギ・みょうがをのせる。

料理上手のワンポイント

鯉の下煮をしっかりすると身が崩れにくくなります(大半の家庭では前日に下煮をし翌日味付けしています)。長時間煮込むので初めから濃い味にせず味見をしながら調整してください。

やっぱり日本がおいしい

田鯉
今は、田鯉が手に入りにくいので、買ったものを使用してつくっています。

野菜・くだものの栄養や選び方等を紹介!

閉じる

農作物直売所 ファーマーズマーケットとは?

地元の農家が生産した採れたて農産物を
販売する、JAの直売所です。

生産者が、市場を通さずに直接農産物を販売する施設がファーマーズマーケット(農産物直売所)で、そのうちJAが運営しているものを「JAファーマーズマーケット」と呼んでいます。現在、全国で約1,700カ所のJAファーマーズマーケットがあり、道の駅内での開設や、カフェやレストラン、市民農園を併設する店舗も増えていて、観光スポットとしても注目を集めています。毎朝、地元の生産者から届けられた採れたての野菜や果物が並ぶファーマーズマーケットでは、作り手の顔が見える、安全で安心な旬の農産物を手に入れることができます。家族みんなで楽しめるワクワクスポットに、ぜひ足を運んでみてください!

  • 安全安心
  • 新鮮
  • 加工品

閉じる

閉じる

JAタウンとは?

全国から産地直送で旬の農産物や特産品を
お取り寄せできる、通販サイトです。

JAタウンはJA全農が運営するインターネットショッピングモール!全国のJAなどから、産地直送で農畜産物や特産品をお届けしています。ご自宅用はもちろん、贈答用や飲食店向けの業務用まで取り揃えています。人気の果物や珍しい野菜、話題のお肉やお米など、お探しの商品がきっと見つかります。パソコンだけでなくスマートフォンからもご注文いただけますので、いつでもどこでも簡単にご購入いただけます。また、「JAタウン通信」や「ショップだより」で、毎週、美味しい情報や産地の情報を発信しています。是非、JAタウンサイトを覗いてみてください。

閉じる

ページトップへ