夏の旬野菜ショウガ

ショウガの写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

ショウガ

独特の香りと辛味で
新陳代謝アップ

世界中で用いられている香辛野菜で、肥大した地下茎部分を主に食用とします。
主に出回っているのは貯蔵した「根ショウガ」。「新ショウガ」は、初夏に出回る、茎の付け根が紅色をしているショウガで、秋に収穫したてで出荷される根ショウガも新ショウガと呼ばれます。ともに皮の色が薄く、みずみずしいのが特徴です。
皮に風味があるので、薬味にする場合は皮ごとすりおろすのがおすすめです。
皮をむく場合は、スプーンでこそげ落とすようにすると薄くむけます。

旬カレンダー

旬カレンダー(出荷最盛期の目安)の見方

日本は北から南まで多様な気候・自然環境のため、野菜や果物の「旬」も地域によって様々です。この「旬カレンダー」は、どの時期にどれくらいの量の出荷がされているかをご紹介するものです。 ※東京都中央卸売市場の統計情報を参考にしているため、東京への出荷が少ないものの数値が反映されないなど、実際の生産量とは必ずしも一致しないことにご留意下さい。

教えてJA!「ショウガの豆知識」

ショウガの栄養

独特の辛みと香りは、ジンゲロールやショウガオールによるものです。ショウガオールは、ジンゲロールが脱水したもので、加熱や乾燥によって生成します。食材の生臭みを消す消臭作用や抗菌・殺菌作用があります。また、これらのショウガ成分には、血行を促進し、身体を温め代謝を高める作用、抗炎症作用、鎮痛作用のほか、抗酸化作用が高く、がん予防に効果があるといわれています。

ショウガの選び方

ふっくらとハリがあり、かたくて重みのあるもの。皮に傷のないものを選びましょう。
切り口にカビや干からびがないものがよいでしょう。
新ショウガは、みずみずしいものを選びましょう。

ショウガの保存方法

乾燥を防ぐため、ラップか新聞紙に包み、冷暗所で保存します。冷凍保存もできます。千切りにするか、すりおろしてラップで小分けにしてから冷凍庫へ入れましょう。

ぷち情報

春から初夏にかけて加温栽培された葉ショウガ(谷中ショウガとも呼ぶ)が出回ります。みそを付けて生で食べたり、甘酢漬けにしても風味があります。
すりおろしたショウガに、はちみつを加え、熱湯を注ぐと、簡単ショウガドリンクの出来上がり。体が温まりますよ。

ぷち情報②

ショウガを食べると、熱い食べ物を食べているわけではないのに「温かい」と感じてしまうのはどうしてでしょうか?実は、辛み成分(ジンゲロールやショウガオール)が温かさを感じる神経「温覚」を刺激からです。
特に舌やのどの奥、胃の中の温覚は、刺激を感じやすく、この刺激は温覚から瞬時に脳に伝わって、脳から「体の温度を下げなさい」という指令が出ます。すると体は血行を良くしたり、汗をかいたりして熱を早く下げようとします。

ショウガを使ったレシピ

豚肉の山椒香味蒸し

  • 30分
  • 275kcal

豚肉と米粉をあえて、野菜と一緒に蒸し焼きに。 山椒を使って香り豊かに仕上げました。

ジンジャーのカラダあったかケーキ

  • 60分
  • 378kcal

米粉を使ったタネの中に、カラダを温めるジンジャーパウダーをたっぷり。 しっとりおいしいパウンドケーキです。

厚揚げとトマトの炒め物

  • 5分
  • kcal

トマトとショウガでさっぱりと仕上げました。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

ショウガと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ