タイミングを逃さず稲の開花を観察しよう

稲の花は、わずかな時間しか咲きません。花が咲いたら、
その様子を観察したり、受粉状態を変えたりして、
花について調べてみましょう。

実験と観察の項目例

  • 稲の花のを観察する。
  • 稲の花が開花する順番などを観察する。
  • 稲の花を受粉させる体験をする。

実験と観察の方法とポイント

実験

稲の花がいつ咲くか観察します。どのくらいの時間咲いているか、時間を測ります。

方法

稲の穂が出てきたら、何時に花が咲いて、何時に花が閉じるか調べます。花の形や構造もあわせて観察します。

観察

朝から30分か1時間ごとに、花が咲く様子を観察します。また、花はどのような構造になっているかをよく見てください。

結果

稲の花は、午前中の2時間程度しか咲きません。えいがぱっくりと開いて中からクリーム色のおしべが出てきます。受粉が終わるとおしべを外側に残し、固く閉じます。

重要ポイント

稲の花は、なかなか見ることができません。見逃さないように、稲の穂が出てきたら注意深く観察してください。その後、えいの中の子房がふくらみ、次第にお米になっていきます。

花が咲いている時間は短いから、気をつけておきましょう。

文:バケツ稲づくり相談員 小栗 千歌枝

準備~開花の他の記事を読む

ページトップへ