あぐれっしゅ日高中央

525_1

お店のご紹介

旬の採れたて新鮮野菜を始め切り花が揃っています。秋には日高市特産の「栗」・春を告げる「うど」が有名です。店内で製造している「手作り田舎まんじゅう・ジェラードアイス・焼き立てパン」が人気です。皆様のご来店をお待ちしております。

  • JAカード割引対象
住所
埼玉県日高市猿田77-1
電話番号
042-989-9161
営業時間
9:00~17:00    
定休日
水曜日(祝日の場合営業)
売り場面積(m²)
513
駐車場
普通車104台
JA名
JAいるま野
地図
周辺地図を見る
URL(詳細)
http://www.ja-irumano.or.jp/market/hidaka.html

旬みっけニュース

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『うど』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「うど」が入荷しております! 白ウドは生でも食べられるので、酢水でアク抜きをして和え物やサラダで。 また、皮も柔らかく、短冊切りや笹がきなどにしてキンピラにすると美味しいため、捨てるところがほとんどありません。 独特の風味と、シャキシャキした歯触りをうまく活かした料理に用いたいですね。 保存する場合は新聞紙に包んで冷暗所または冷蔵庫の野菜室へ。 時間が経つと固くなり、苦味やアクも増えますので3~4日を目安に使い切りましょう。 旬の「うど」をぜひご賞味ください 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の果物『紅ほっぺ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の果物、日高市産「紅ほっぺ」が入荷しております! 紅色に赤く綺麗に色づく特徴から「紅」。ほっぺが落ちるぐらい甘くて美味しいから「ほっぺ」。 粒が大きく鮮やかな紅色をしていて、果肉も赤くなるのが特徴です。 糖度が平均12~13度と高く、甘みと酸味のバランスが良く深い味わいです。 旬の「紅ほっぺ」をぜひご賞味ください 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『タアサイ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「タアサイ」が入荷しております! タアサイはカロチン、ビタミンC、鉄分が多い緑黄色野菜です。 クセがないのでほうれん草や小松菜のように炒めたり、お浸しにするなどさまざまな料理に使えます。 葉は大きくてもやわらかいので、大きめのものを選ぶとよいでしょう。 旬の「タアサイ」をぜひご賞味ください 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 お正月用品ご予約承り中!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 ただいまあぐれっしゅ日高中央ではお正月用品【のしもち・お供え・もち精米】のご注文を承っております。 店頭での引き渡し日:令和元年12月26日(土)以降 ぜひこの機会にお買い求め頂きますようお願いいたします。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 高麗のゆず巻漬を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 日高市産「高麗のゆず巻漬」が入荷しました! 高麗の郷に伝わる伝統的な冬の料理です。 11月下旬から12月に生産し、売切れ次第販売が終了となりますので、お早めにお買い求めください! 旬の「ゆず巻漬」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『菊芋』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「菊芋」が入荷しております! 菊芋は「天然のインシュリン」といわれる「イヌリン」を豊富に含んでおり、最近注目を集めつつある野菜の1つです。 生のままスライスしてサラダに加えてもシャキシャキとした食感が楽しめますが、煮物・味噌汁・天ぷら等加熱する料理でも美味しく食べられます。 保存は冷蔵庫の野菜室で。 生食には向きませんが、煮物等に使う場合は冷凍保存しても大丈夫です。 旬の「菊芋」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『シシユズ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「シシユズ」が入荷しております! 獅子柚子はユズではなくブンタンの仲間なので、ユズのような強い香りは無く、ほのかに柑橘類の香りがします。 食用と言うより観賞用に使われる事の方が多い果物です。 シシユズは他の柑橘類のように果肉を楽しむ果物ではありませんが、皮をピールにすることで美味しく食べることができます。 旬の「シシユズ」をぜひご賞味ください 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『ズイキ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「ズイキ」が入荷しております! ズイキは里芋類の茎(葉柄)の部分を食用としたものです。 日持ちしないので、なるべく早くアク抜きなどの処理をし、茹でるか干すなどの加工をしましょう。 煮物や和え物などにして食べるのが一般的です。 旬の「ズイキ」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『サツマイモ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「サツマイモ」が入荷しております! 一言に『サツマイモ』といってもその色や形、大きさや味わいはそれぞれ個性があり、収穫(旬)の時期も微妙に違います。 あぐれっしゅ日高中央では現在、紅あずま・紅はるか・安納いも・シルクスイート等の入荷がございます。 定番の焼き芋の他、てんぷら、ふかし芋、煮物、お菓子、干し芋などいろいろなレシピでお楽しみいただけます。 冷蔵庫に入れると低温障害を起こし痛みやすくなりますので、新聞紙に包むか段ボール箱に入れて、風通しの良い冷暗所で保存してください。 収穫直後に食べるよりも陰干ししたほうが甘味が増します。 旬の「サツマイモ」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『赤カブ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「赤カブ」が入荷しております! 白いカブは煮物などに使われることも多いですが、赤カブは漬物や生のまま食べる料理に使うのが一般的です。 スライスしてサラダに加えても美味しいですが、オススメは赤かぶの甘酢漬です。 らっきょう酢を使えば、面倒な分量計算はいりません。 甘酢漬などにすると赤が鮮やかに映え、とても美味しいです。 旬の「赤カブ」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『里芋』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「里芋」が入荷しております! 定番の煮物の他、揚げ物・汁物・コロッケ・衣かつぎなどいろいろなレシピでお楽しみいただけます。 里芋はふっくらと丸みがあり、ずっしりと重みを感じるものを選んでください。 冷蔵庫に入れると低温障害を起こし痛みやすくなりますので、風通しの良い冷暗所で保存してください。 又、里芋類の茎(葉柄)の部分を食用とした芋茎(ずいき)も入荷されております。 こちらはアク抜きしてから煮物や和え物などにして食べるのが一般的です。 旬の「里芋」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の果物『次郎柿』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の果物、日高市産「次郎柿」が入荷しております! 熟した果実は濃い橙色をしていて、種はほとんど入っていません。 糖度が高くカリッとした食感が特徴です。 保存は乾燥しないようにポリ袋などにいれ冷暗所で。 冷蔵庫の野菜室に入れておくと軟化を少し遅らせることができます。 旬の「次郎柿」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『マコモダケ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、飯能市産「マコモダケ」が入荷しております! マコモダケはクセがほとんどなく、筍とアスパラガスの中間のような歯ざわりがあり、ほのかな甘味があります。 緑色の皮はむいてから調理してください。 サラダなど生食も可能ですが、加熱したほうが甘みや香りが増すので炒め物や素焼きがおすすめです。 保存は乾燥しないようにポリ袋などにいれ冷蔵庫で。 旬の「マコモダケ」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『青パパイヤ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「青パパイヤ」が入荷しております! 青パパイヤは、黄色いパパイヤが完熟する前に早取りしたものです。 “野菜パパイヤ”として青パパイヤを使ったサラダ『ソムタム』が定番。 他には炒め物やなますなどにも。 保存は冷蔵庫の野菜室で。 旬の「青パパイヤ」をぜひご賞味ください 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『冬瓜』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「冬瓜」が入荷しております! 貯蔵性が高い野菜ですが、冬瓜の良さは薄味でさっぱりしたところなので、煮物やスープ、炒め物、蒸し物などで、夏に味わいたい食材です。 保存は風通しのよい冷暗所で。 旬の「冬瓜」をぜひご賞味ください 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『金時草』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「金時草」が入荷しております! 加賀野菜の一種ですが、沖縄県では「ハンダマ」と呼ばれます。 ゆでるとぬめりが出て、ワカメのような食感になります。 あえ物やお浸し、酢のもの、天ぷらなどで。 保存は乾燥しないようポリ袋などに入れ冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。 旬の「金時草」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『生きくらげ』を紹介します!

    あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『生きくらげ』を紹介します! みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「生きくらげ」が入荷しております! 炒め物や鍋物、スープ、煮物等などに。 サラダや和え物など、生野菜とあわせていただく際には、軽く湯通しをするようにしてください。 保存は冷蔵庫の野菜室で1週間を目安に。 生きくらげには表面に白い粉のようなものが付いていることがありますが、これはカビではなく胞子です。 安心してお召し上がりください。 旬の「生きくらげ」をぜひご賞味ください 皆様のご来店を心よりお待ちしております。 >続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の野菜『赤オクラ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の野菜、日高市産「赤オクラ」が入荷しております! 「赤オクラ」は、さやの表面が紅色~赤紫色をしているオクラで料理を美しく彩ります。 風味は一般的なオクラとそれほど変わらず、粘り具合も同様ですが、莢は20cmほどまで大きくなっても柔らかいのが特徴です。 加熱すると緑色になってしまうため、赤色のまま食卓に出したい場合は生食するか電子レンジで短時間加熱するなどの工夫が必要です。 気温が高いと傷みやすいので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。 旬の「赤オクラ」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の果物『ブドウ』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の果物、日高市産「ブドウ」が入荷しております! 一言に『ぶどう』といってもその色や形、大きさや味わいはそれぞれ個性があり、収穫(旬)の時期も微妙に違います。 あぐれっしゅ日高中央では現在、巨峰・ピオーネ・藤稔(フジミノリ)・ブラックオリンピア・ゴルビー・シャインマスカット等の入荷がございます。 表面に張りがありブルームと呼ばれる白く粉をふいたような物がしっかりと付いているものが良いものといわれます。 保存は乾燥しないようポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で。 旬の「ブドウ」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

  • あぐれっしゅ日高中央 旬の果物『梨(幸水)』を紹介します!

    みなさんこんにちは! あぐれっしゅ日高中央です。 今が旬の果物、日高市産「梨(幸水)」が入荷しております! 梨の中で一番甘く、果汁も豊富。 その味と質のよさから長年にわたり高い人気を得ています。 幸水は赤梨ですが、果皮の色が褐色でなくても熟したものは十分甘味があるので、色はあまり気にしなくてもよいでしょう。 梨は気温が高いと傷みやすいので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。 旬の「梨(幸水)」をぜひご賞味ください。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。>続きはこちら

このお店のオススメ農産物!

※入荷、在庫、天候等の状況によって購入できない農産物もございます。

JAファーマーズマーケット(直売所)の4つの特徴!ココがスゴイ!

ホウレンソウ
ホウレンソウ

ビタミン、ミネラルを豊富に含む、代表的な緑黄色野菜です。かつてのホウレンソウは東洋種で、葉肉が薄く、アクが少ないため、おひたしで食べられてきました。西洋種は、葉が丸く、肉厚な...続きはこちら

ダイコン
ダイコン

春の七草のひとつ「すずしろ」として知られ、古くから日本人に親しまれてきたため、全国各地には、辛みや形、大きさの異なる個性的なご当地ダイコンがあります。今も日本で最も生産されて...続きはこちら

サトイモ
サトイモ

日本には稲作よりも前、縄文時代に伝わったとされる歴史のある野菜です。親いもを囲むように子いも、孫いもが育つため、豊作や子孫繁栄の象徴ともされてきました。 品種によって食べる部...続きはこちら

ニンジン
ニンジン

β-カロテンの多さは緑黄色野菜の中でもトップクラスで、カロテンの名は英語の「キャロット」に由来しています。皮の近くに多く含まれているので、皮ごといただくか、薄くむいて食べまし...続きはこちら

ウド
ウド

根株に土をかぶせて栽培される、やや緑がかったウドを「山ウド」、暗い所で、光を当てずに栽培される真っ白なウドを「軟白ウド」と呼びます。 食すのは若芽です。香りとシャキシャキとし...続きはこちら

イチゴ
イチゴ

愛らしい見た目と、そのまま食べられる手軽さで人気の果物です。ビタミンCも豊富で、約7粒で1日の必要量が摂れるほど。かつては東の「女峰」、西の「とよのか」と言われ、東西で人気品...続きはこちら

トマト
トマト

色や大きさも豊富で、栄養価も高いトマトは、市場の取扱金額トップの人気を誇る野菜です。 皮が薄く、酸味が少ないピンク系と、皮も赤く、うま味が強い赤系のトマトがあります。トマトを...続きはこちら

キュウリ
キュウリ

「黄瓜」が語源とされ、大きく完熟すると黄色くなるウリを未熟なうちに収穫したもの。みずみずしく、さわやかな風味で、体を内側から冷やしてくれます。サラダや酢の物、漬物など生で食べ...続きはこちら

キャベツ
キャベツ

調理用途の広さから人気が高まり、ダイコンに次いで生産量の多い野菜です。1年中、栽培されていますが、季節ごとに特徴があります。 冬キャベツは葉がしっかりと巻いていて、甘みがある...続きはこちら

タケノコ(筍)
タケノコ(筍)

竹の地下茎から出てくる若い芽をタケノコと呼びます。鮮度が命の食材なので、購入したらなるべく早く調理しましょう。掘りたては生でも食べられますが、通常は下茹でします。 部位ごと...続きはこちら

トウモロコシ
トウモロコシ

探検家・コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、世界各地で栽培されるようになりました。日本では明治時代、北海道開拓を機に本格的な栽培が始まりました。 野菜として食べているのは、トウ...続きはこちら

スイカ
スイカ

体を冷やす働きがあり、90%以上が水分なので真夏の水分補給におすすめです。 真ん中に近づくほど甘くなるため、放射状にカットすることでバランスよく食べることができます。 種子に...続きはこちら

エダマメ
エダマメ

大豆が熟す前の未熟果が「エダマメ」です。“畑の肉”といわれるほど高い栄養価が特徴。 エダマメといえば、ビールのつまみですが、実は、栄養面での相性も最適です。エダマメの豊富なビ...続きはこちら

ナス
ナス

煮る、焼く、揚げる、漬けるなど用途が広い万能野菜。現在の主流は長卵形のナスですが、歴史の長さを物語るように、各地の気候風土に根差した在来品種が数多く残っています。 卵サイズの...続きはこちら

クリ(栗)
クリ(栗)

栗ご飯や甘露煮など、秋の味覚に欠かせないクリは、縄文時代の遺跡から出土しているほど、歴史の古い果物です。京都の丹波地方で平安時代から栽培が盛んになり、国内に広がりました。タネ...続きはこちら

ぶどう
ぶどう

梨

ユズ(柚子)
ユズ(柚子)

ユズは、奈良時代から栽培されており、歴史の古いかんきつです。一般的に流通しているのは、黄色く熟してから収穫する「黄ゆず」で、11月頃に旬を迎えます。夏に出回るのは「青ゆず」で...続きはこちら

コマツナ
コマツナ

中国原産で、江戸時代に小松川(現在の東京都江戸川区周辺)で栽培されていたことから、コマツナと名付けられました。今も東京での栽培が多く、関東での雑煮には欠かせない野菜です。 ハ...続きはこちら

ネギ
ネギ

日本には奈良時代に伝わったとされ、古くから全国で栽培されてきた歴史ある野菜です。白い部分を食べる「根深ネギ(長ネギ)」と、緑色の葉の部分が多い「葉ネギ(青ネギ)」に分類できま...続きはこちら

カキ(柿)
カキ(柿)

古くから日本で栽培されてきた果実で、「kaki」として、アジアやヨーロッパでも名前が通用しているほど、国内外問わず人気があります。 渋柿は、熟しても硬いうちは渋みが残る柿で、...続きはこちら

もっと見る

あぐれっしゅ日高中央で買える、おすすめ加工品

高麗田舎まんじゅう
高麗田舎まんじゅう

赤飯
赤飯

ジェラードアイス
ジェラードアイス

もっと見る

おすすめポイント

おすすめポイント
おすすめポイント

切り花コーナーは一年を通じ、色とりどりの花が並び、人気のコーナーです。

閉じる

閉じる

あぐれっしゅ日高中央の周辺地図

野菜・くだものの栄養や選び方等を紹介!

ページトップへ