秋の旬くだものクリ(栗)

クリ(栗)の写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

クリ(栗)

秋を告げる木の実
甘さ控えめで栄養豊富

栗ご飯や甘露煮など、秋の味覚に欠かせないクリは、縄文時代の遺跡から出土しているほど、歴史の古い果物です。京都の丹波地方で平安時代から栽培が盛んになり、国内に広がりました。タネを食用とするもので、ナッツの一種です。
かたい皮は、熱湯に1時間ほど浸しておくとむきやすくなります。
また、渋皮には抗酸化作用がある上、風味がよいので、調理の際は少し残しておくと、味わいと栄養価をUPさせることができます。

旬カレンダー

旬カレンダー(出荷最盛期の目安)の見方

日本は北から南まで多様な気候・自然環境のため、野菜や果物の「旬」も地域によって様々です。この「旬カレンダー」は、どの時期にどれくらいの量の出荷がされているかをご紹介するものです。 ※東京都中央卸売市場の統計情報を参考にしているため、東京への出荷が少ないものの数値が反映されないなど、実際の生産量とは必ずしも一致しないことにご留意下さい。

教えてJA!「クリ(栗)の豆知識」

クリ(栗)の栄養

炭水化物が豊富で、ビタミンB1、B2を多く含みます。B1、B2には、糖の代謝を助ける働きがあります。高血圧や動脈硬化に効果があるとされるカリウムや、貧血の予防が期待できる葉酸も含んでいます。

クリ(栗)の選び方

皮にツヤとハリがあり、虫に食べられた穴などのないもの、白っぽいおしりの部分が大きいものを選びましょう。重みのあるものもがよいです。

クリ(栗)の保存方法

新聞紙に包んで冷蔵庫で保存しましょう。冷凍保存する場合は、皮をむいて茹でてからにしましょう。
長時間そのままにしておくと、水分が飛んで、実が縮んだり、虫が入ったりするので注意しましょう。

ぷち情報

クリといえば外側の鬼皮をむいたあとに、さらに薄い渋皮をむくのが手間だという理由から、消費者のクリ離れが危惧されてきていました。そこで、国の研究機関では、2006年に国の研究所で皮がむきやすい「ぽろたん」という品種を開発しました。切れ目を入れて加熱すると、渋皮が簡単にむけます。

クリ(栗)を使ったレシピ

栗とごはんのまろやか豆乳ムース

  • 30分
  • 129kcal

ホクホク甘い旬の栗を豆乳ムースにトッピング。 おいしくてヘルシーなんて、なんだか嬉しくなりますね。

高知県「栗ごはん」JA高知市 女性部 一宮支部

  • kcal

季節限定!ホクホクでほっこり美味しい栗。

富山県「おこわ」JA高岡女性部

  • kcal

家の庭でとれた栗とわが家の田んぼで作った古代米(黒米)が入っています。秋祭りなどでいただきます。

岐阜県「栗おこわ」JAひがしみの女性連絡協議会

  • kcal

東美濃地域は栗の産地であることから栗の収穫時期となる秋や、人生の節目である誕生祝いや入学祝等に作り、家族で喜びを分かちあえるような、温かいごちそうです。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

クリ(栗)と同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ