鹿ケ谷かぼちゃの紹介

鹿ケ谷かぼちゃの写真画像提供 (JA全農京都)

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

鹿ケ谷かぼちゃ

個性的な形は装飾としても人気
ねっとり食感は煮物や天ぷらに

江戸時代に東北地方から持ち帰ったかぼちゃの種を鹿ヶ谷地区の農家が栽培したところ、ひょうたん形に育ったとされる「京の伝統野菜」です。
日本カボチャの一種であっさりした味わいをしています。肉質はきめ細かく、ねっとりした食感で、煮てもその形が煮くずれないのが特徴。煮付けやてんぷらで食べられています。
また完熟すると、黄褐色になることや、ユニークな形をあることを活用して料理の盛りつけ器、床の飾り、画材などにも利用されています。
主な産地は、亀岡市、綾部市、京丹後市で、7月上旬から8月中旬まで出回ります。

教えてJA!「鹿ケ谷かぼちゃの豆知識」

鹿ケ谷かぼちゃの栄養、選び方、保存方法

通常の西洋カボチャと同じです

詳しくはこちら

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

鹿ケ谷かぼちゃと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ