秋の旬野菜黒ゴマ

黒ゴマの写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

黒ゴマ

「セサミン」が豊富
食べる前にすって吸収率UP

香辛料や油として昔から世界各国で食べられています。炒ることで香りがより高くなるため、料理や和菓子などの風味づけに利用されることが多いです。中でも黒ゴマは、香りが高く、黒い皮にはアントシアニンや鉄分が含まれているのが特徴です。見た目のアクセントにもなり、赤飯やおはぎ、ゴマ和えなどに広く使われます。
セサミンが豊富で抗酸化作用が強いため、老化防止や肝機能の改善、悪玉コレステロールを低下させ動脈硬化を防ぐなどの効果が期待できます。すりゴマにすると、硬い皮が破れて、栄養吸収率を高めることができます。

教えてJA!「黒ゴマの豆知識」

黒ゴマの栄養

タンパク質やビタミンE、B群、カルシウム、鉄などが含まれています。ゴマ油で馴染みのある方も多いと思いますが、成分の55%が脂質です。脂質には、不飽和脂肪酸の1種のリノール酸とオレイン酸が含まれています。コレステロール値の低下に効果があるといわれています。

黒ゴマの選び方

色が濃く、ツヤがあり、粒のそろっているものを選びましょう。

黒ゴマの保存方法

湿気が入らないよう、密閉容器に入れて保存しましょう。

ぷち情報

風味が落ちたと感じる場合は、軽く炒りなおしてみましょう。風味が戻りますよ。

ぷち情報②

硬い皮を壊すと、高い栄養素を体内に吸収しやすいです。そこでごまは食べる直前にすることをおすすめします。時間が経つとリノール酸が酸化してしまいます。

黒ゴマを使ったレシピ

ごま風味ぜんざい

  • 30分
  • 289kcal

あずきの素材を生かしたやさしい甘さのぜんざいに、 黒ごまの風味をプラスしました。カラダもホッとする一品です。

がんずき (岩手県JA岩手ふるさと女性部金ヶ崎地域フレッシュ部)

  • kcal

母の母と昔々からあったなつかしい味、子供を想う母の手のぬくもりがこめられている。

きな粉とごまの二色巻き(岩手県 JA新いわて女性部)

  • kcal

もち米を粉にし、生菓子として添加物のない、
そして体によい豆とごまでほど良い甘さに出来上がり、寄り合い場所に持参するも良し、子どものおやつには、とても良いと定評。
雫石の重っこ料理にもよい。

ぼたもち(群馬県 JAにったみどり新田女性の会)

  • kcal

ぼたんの花が咲く春「ぼたんもち」が「ぼたもち」 はぎの花が咲く秋「はぎのもち」が「おはぎ」 と言われておりますが。 先祖供養のお盆には来客があり、家族も集まる。 そんなとき、食します。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

黒ゴマと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ