秋・冬の旬野菜シュンギク

シュンギクの写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

シュンギク

独特の香りが食欲増進に
葉はサラダ、茎はおひたしに活用

春に黄色の花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから、シュンギクという名が付きました。主に関西では「キクナ」とも呼ばれています。
葉の切れ込みの浅く、肉厚な大葉種、切れ込みが深く、香りが強い中葉種があります。主に流通しているのは中葉種ですが、西日本では大葉種が好まれています。
葉の部分は軟らかく、繊維質が少ないため、サラダにするのもおすすめです。茎は、おひたしやみそ汁の具材として使いましょう。

旬カレンダー

旬カレンダー(出荷最盛期の目安)の見方

日本は北から南まで多様な気候・自然環境のため、野菜や果物の「旬」も地域によって様々です。この「旬カレンダー」は、どの時期にどれくらいの量の出荷がされているかをご紹介するものです。 ※東京都中央卸売市場の統計情報を参考にしているため、東京への出荷が少ないものの数値が反映されないなど、実際の生産量とは必ずしも一致しないことにご留意下さい。

教えてJA!「シュンギクの豆知識」

シュンギクの栄養

独特の香り成分は自律神経に作用し、食欲の増進やせきを鎮めるなどの働きがあると言われています。
骨粗しょう症や貧血の予防に効果的なカルシウムや鉄も多く含んでいます。
β-カロテンも豊富で、皮膚や粘膜を保護し、抗酸化物質として生活習慣病予防に効果を発揮します。

シュンギクの選び方

葉先まで緑が鮮やかで香りが強くみずみずしいものが新鮮です。切り口が新鮮で、茎が太すぎないものを。また、指で簡単に折れるくらい軟らかいものが良いです。

シュンギクの保存方法

葉先を乾燥させないように、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙で包み、ビニール袋に入れて野菜室に立てて保存。冷蔵保存の場合は、固めに茹でて、水気を切ってからラップで包み、冷凍庫に入れます。

ぷち情報

日本や中国、韓国などのアジア諸国では食用としておなじみですが、ヨーロッパでは菊の香りを食用として好まず、花を観賞するものになっています。
最近は生のままトッピングに利用する使い方も増えてきました。

シュンギクを使ったレシピ

春菊の混ぜご飯

  • 10分
  • kcal

炊いたご飯に、炒めた春菊混ぜるだけ( ´ ▽ ` )

菊菜と挽肉の和風チャーハン

  • 15分
  • kcal

食べにくい菊菜もみじん切りにし、挽肉と合わせると食べやすくなります。

春菊とりんごのサラダ

  • 5分
  • kcal

春菊の茎も丸ごと使えます。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

シュンギクと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ