三浦大根の紹介

三浦大根の写真画像提供 (JA三浦市)

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

三浦大根

今や年末限定?!
希少な白首大根

神奈川県・三浦半島を代表する野菜として大正時代から栽培されてきたダイコンです。現在は「青首大根」が主流となり、年末の3日間のみ、お正月用として出荷される希少な存在となりました。一部の直売などで12月~3月上旬まで販売されていることもありますが、販売数量全体のわずか1%未満です。
葉と身の間の首の部分が細くて、尻に向かるにつれ太くなる「中ぶくれ」の形が特徴で、 大きいものでは長さ約60㎝、重さ8㎏にもなります。肉質は柔らかく緻密で、煮くずれないため、煮物やおでんに最適。また、歯切れの良さから正月のなますにするなら三浦大根、と言われるほど根強い人気があります。

教えてJA!「三浦大根の豆知識」

三浦大根の栄養、選び方、保存方法

通常のダイコンと同じです

詳しくはこちら

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

三浦大根と同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ