春・秋の旬野菜セロリ

セロリの写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

セロリ

精神を落ち着かせる独特の香り
シャキシャキの歯ごたえ楽しんで

さわやかな香りとシャキシャキとした食感が魅力的な野菜です。
葉に、カロテンが豊富なので、刻んでスープに入れたりして積極的に食べましょう。
葉柄(茎)の筋は固いので、丁寧に取り除きます。ピーラーを使うと便利です。斜めに薄切りして繊維を断つように切ったり、繊維に沿って切ったり、用途に合わせて食感を楽しみましょう。
日本では食用として普及していますが、原産のヨーロッパや西アジアなどでは、紀元前からにおい消しなどに使われてきました。

旬カレンダー

旬カレンダー(出荷最盛期の目安)の見方

日本は北から南まで多様な気候・自然環境のため、野菜や果物の「旬」も地域によって様々です。この「旬カレンダー」は、どの時期にどれくらいの量の出荷がされているかをご紹介するものです。 ※東京都中央卸売市場の統計情報を参考にしているため、東京への出荷が少ないものの数値が反映されないなど、実際の生産量とは必ずしも一致しないことにご留意下さい。

教えてJA!「セロリの豆知識」

セロリの栄養

独特の香りは、アイピンという精油成分です。精神を安定させ、不眠やイライラを解消し、食欲を促す働きがあるといわれています。
カリウムや食物繊維の供給源となります。茎に比べ、葉にはβ-カロテンやビタミンKが多く含まれています。

セロリの選び方

葉はみずみずしくて鮮やかな緑色で、茎の部分が筋張っておらず、肉厚のものを選びましょう。茎が白いものは軟らかく、緑のものは香りが強いです。

セロリの保存方法

葉と茎を切り分けた方が長持ちします。それぞれビニール袋に入れ、野菜室に立てて保存しましょう。根元を冷水につけると、しゃんとします。

ぷち情報

ホワイトセロリは、水耕栽培で作られた白い小型のセロリ。見た目はミツバに似て、香りがおだやかで筋もないので食べやすいのが特徴です。
他にセロリの仲間で「セロリアック」もあります。根株状になったセロリの変種で、味はセロリですが、香りは弱め。主に煮込み料理に使われますが、生食もできます。

セロリを使ったレシピ

セロリたっぷりコンソメ野菜カレー

  • 30分
  • kcal

セロリたっぷりで美味しいカレーです!

セロリと卵とベーコンのチャーハン

  • 15分
  • kcal

手軽に作れて彩りもきれいなチャーハンです。

セロリと納豆の香味チャーハン

  • 15分
  • kcal

セロリの強い香りが納豆臭さをマイルドにしてくれます!

セロリの葉っぱのチャーハン

  • 10分
  • kcal

捨ててしまいがちなセロリの葉っぱですが 刻んでチャーハンにするとおいしいですよ。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

セロリと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ