星の金貨の紹介

星の金貨の写真画像提供 ((一社)青森県りんご対策協議会)

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

星の金貨

小ぶりで皮が薄く
丸かじりにピッタリ!

【晩生種 10月下旬~】
その名の通り、きれいな黄色で、特長は皮の薄さと、250g~300g程度という小さめのサイズです。皮ごと食べやすいりんごを目指し、青森県りんご試験場がふじ(母親)と青り3号(父親)を掛け合わせて育成。2004年(平成16年)に品種登録されました。「星の金貨」は青森県の商標名で、品種名は「あおり15」。「星の金貨」は、“芸名”のようなものになりますね。
糖度が15~16%もあり、甘くてジューシー。長期保存が可能で、6月頃まで出回ります。

教えてJA!「星の金貨の豆知識」

星の金貨の栄養、選び方、保存方法

通常のリンゴ(林檎)と同じです

詳しくはこちら

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

星の金貨と同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ