秋・冬の旬野菜ハクサイ

ハクサイの写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

ハクサイ

みずみずしくて低カロリー
調理用途の広い葉物野菜

ハクサイは英語で「チャイニーズ・キャベツ」とも言われるように中国原産で、東洋を代表する野菜のひとつです。日本では、日清・日露戦争で出兵した兵士が、種を持ち帰ったことで本格的に栽培されるようになりました。
現在の主流は、内側が黄色みを帯びた黄芯系。鮮やかなオレンジ色の品種もあります。持ち運びしやすく、食べ切りサイズのミニハクサイも登場し、人気を集めています。ハクサイと言えば、葉が巻いた結球タイプが一般的ですが、他に半結球や結球しないものもあります。
あっさりした味わいなので、定番の鍋物や漬物はもちろん、炒めもの、煮物、サラダなど様々な調理法で楽しみましょう。

旬カレンダー

旬カレンダー(出荷最盛期の目安)の見方

日本は北から南まで多様な気候・自然環境のため、野菜や果物の「旬」も地域によって様々です。この「旬カレンダー」は、どの時期にどれくらいの量の出荷がされているかをご紹介するものです。 ※東京都中央卸売市場の統計情報を参考にしているため、東京への出荷が少ないものの数値が反映されないなど、実際の生産量とは必ずしも一致しないことにご留意下さい。

教えてJA!「ハクサイの豆知識」

ハクサイの栄養

水分が多く、低カロリーな野菜です。比較的多く含まれるのがカリウムとビタミンC。カリウムは体内の余分な塩分を排出するので、高血圧の予防や、老廃物の排出を促進する働きがあります。ビタミンCは、免疫力を向上させるので風邪の予防にも。

ハクサイの選び方

巻きがしっかりしていて、ずっしりと重みがあるもの、外側の葉がいきいきとして、色が濃いものを選びましょう。カットされたものは、切り口がみずみずしく、断面が盛り上がっていないものの方が新鮮です。

ハクサイの保存方法

夏場以外は、丸のまま新聞紙に包み、冷暗所に立てた状態で2~3週間。カットしたものはラップに包んで野菜室で保存しましょう。

ぷち情報

ナバナに代表される「とう立ち菜」は春ならではの野菜。春先に伸びてくる花蕾を摘んで食べるものなので、JAファーマーズマーケットでは他の野菜のとう立ち菜も見かけることがあります。ハクサイのとう立ち菜も、葉が軟らかく甘みが強く、コマツナは緑が濃く苦みがあり、格別の味わいです。

ハクサイを使ったレシピ

白菜と豚肉の蒸し煮の写真

白菜と豚肉の蒸し煮

  • 30分
  • 444kcal

白菜と豚肉を交互に重ねて さっぱり塩・コショウでコトコト煮ます。 おはしのすすむおいしさです。

鶏肉と白菜のぽかぽかカレー鍋の写真

鶏肉と白菜のぽかぽかカレー鍋

  • 30分
  • 376kcal

家族みんなで鍋を囲んで、好きな具を入れて食べる。 身も心も温まる団欒鍋をカレー風味でどうぞ。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

ハクサイと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ