なつみ(南津海)の紹介

なつみ(南津海)の写真(写真協力:JAおちいまばり)

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

なつみ(南津海)

初夏から旬を迎えるオレンジ
濃厚な甘みでコクのある味わい

「カラマンダリン」と「ポンカン」の掛け合わせで生まれた柑橘です。愛媛県が主な産地で、初夏から美味しく食べられるミカンのため「なつみ」と名付けられました。種はありますが、糖度が高く濃厚で香りが強いのが特徴です。むきやすく、房の袋が柔らかいため、袋ごと口に入れられるので食べやすいです。暖かい日には冷やして食べると、より一層美味しさを感じます。

教えてJA!「なつみ(南津海)の豆知識」

なつみ(南津海)の栄養、選び方

通常のミカン(温州ミカン)と同じです

詳しくはこちら

なつみ(南津海)の保存方法

風通しのよい冷暗所か野菜室で。冷蔵する際には、乾燥しないよう保存袋に入れましょう。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

なつみ(南津海)と同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ