京みず菜の紹介

京みず菜の写真画像提供 (JA全農京都)

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

京みず菜

近年は早採りの小株が主流に
シャキシャキ食感を楽しんで

「京の伝統野菜」のひとつで、深い切れ込みのある緑の葉と、繊細で細く白い葉柄(軸)のコントラストが美しく、「千筋水菜」とも呼ばれます。もともとは3ヶ月近く時間をかけて1株が4kgにもなる大株に育てて販売していましたが、近年は生活の変化に伴って、手軽に食べやすい小束で1年中出回るようになりました。
肉や魚の臭みをとる働きがあるため、鯨肉や豚肉と食べる「ハリハリ鍋」に欠かせない食材。油揚げと煮びたしは京都を代表するおばんざいのひとつです。

教えてJA!「京みず菜の豆知識」

京みず菜の栄養、選び方、保存方法

通常のミズナ(水菜)と同じです

詳しくはこちら

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

京みず菜と同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ