春・冬の旬野菜行者ニンニク

行者ニンニクの写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

行者ニンニク

修行僧が食べた幻の山菜?!
アク抜き不要で調理しやすい

ニンニクのような強い香りが特徴で、修行僧が強壮のために食べていたとされるのが名前の由来です。種を植えてから収穫するまでに5年以上の歳月のかかる山菜です。
アク抜きが不要で、一番上の皮をむき、茹でたり炒めたり、ぬたや味噌汁、天ぷらにといろんな調理ができます。

教えてJA!「行者ニンニクの豆知識」

行者ニンニクの栄養

独特のにおい成分である硫化アリルは、強い殺菌力をもち、疲労回復効果に役立つビタミンB1の吸収を助けることが知られています。また、血栓の予防効果が期待されています。

行者ニンニクの選び方

葉の先まで張りがあるもので、根本の切り口がみずみずしいものを良いです。
香りが特徴的ですが、葉が開いていると香りが薄れていくため、好みに合わせて選びましょう。

行者ニンニクの保存方法

乾燥を予防するため、湿らせた布やキッチンペーパーで包み、立たせて冷蔵保存しましょう。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

行者ニンニクと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ