京たけのこの紹介

京たけのこの写真画像提供 (JA全農京都)

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

京たけのこ

手間をかけた竹林で育ち
えぐみなく やわらか

えぐ味がなく、肉厚でやわらかいことで知られる京たけのこは「京の伝統野菜」のひとつ。親竹や肥料の管理に加え、毎年、冬場に藁を敷き詰め、その上に土入れをして、明るくふわふわに整えられた「たけのこ畑」で育まれています。地面に頭を出す前に掘り上げたられるため、色が白く、刺身にできるほどやわらかで「白子たけのこ」と呼ばれます。
お吸い物、木の芽和え、煮炊き、てんぷら、刺身、たけのこご飯など幅広い用途で親しまれています。
主な産地は、長岡京市、向日市、京都市で、3月下旬から5月上旬まで出回ります。

教えてJA!「京たけのこの豆知識」

京たけのこの栄養、選び方、保存方法

通常のタケノコ(筍)と同じです

詳しくはこちら

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

京たけのこと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ