春の旬野菜ワラビ

ワラビの写真

※ 健康テーマは、野菜に含まれる栄養素をもとに分類したもので、選択できる病気の回復などをお約束するものではありません。

ワラビ

山菜の代表格
アク抜きしてから和え物やお浸しに

春に出る若芽の部分を食す山菜です。地下茎から採れるデンプンは、わらび粉として和菓子の材料になります。
全国に自生していて、「万葉集」でも取り上げられているほど古くから日本人に親しみがあり、明治時代から栽培がされてきたといわれています。

旬カレンダー

旬カレンダー(出荷最盛期の目安)の見方

日本は北から南まで多様な気候・自然環境のため、野菜や果物の「旬」も地域によって様々です。この「旬カレンダー」は、どの時期にどれくらいの量の出荷がされているかをご紹介するものです。 ※東京都中央卸売市場の統計情報を参考にしているため、東京への出荷が少ないものの数値が反映されないなど、実際の生産量とは必ずしも一致しないことにご留意下さい。

教えてJA!「ワラビの豆知識」

ワラビの栄養

食物繊維が多く、便秘解消に役立ちます。細胞の老化予防に効果が期待されるカロテンのほか、生理機能成分として抗酸化作用を発揮するポリフェノールを多く含んでいます。

ワラビの選び方

新鮮なものには産毛がたくさんついていますので目印にしましょう。茎は緑色で、太くて短く、首は上を向く前くらいのものがやわらかいです。

ワラビの保存方法

アク抜きをしたワラビを水に浸けた状態で冷蔵庫で保存しましょう。水を毎日取り換えれば、1週間ほどもちます。

ぷち情報

必ずアク抜きをしてから調理しましょう。
また、若芽の部分に発ガン性物質が含まれていることが近年明らかになっています。
①沸騰したお湯にワラビを入れて重層を加えて、火にかけてすぐに下ろします。②落とし蓋をして一晩置き、きれいな水ですすげば、下準備は完了です。

ワラビを使ったレシピ

山形県「わらびの煮物 」JA山形おきたま女性部

  • kcal

長い冬を生き抜くための伝統的な保存食を、それぞれの家庭の味付により現在に引継ぎ、常備菜に作っておけばおかずやお弁当に重宝すします。

JAグループ

  • JAグループでは、安全安心な農畜産物を消費者の皆さんにお届けし、地域をくらし豊かで元気にするために様々な活動を行っています。皆さんの生活にも密接なJAの取り組みをご紹介します!
  • JAグループの取り組みをもっと知る

ワラビと同じ時期に出荷の多い野菜・くだもの

ページトップへ